loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

柚希礼音×ソニンのタッグで見せる女性のパワフルなステージ!『FACTORY GIRLS』稽古場取材会

012892.jpg
画像を全て表示(11件)

柚希礼音とソニンという強力タッグが実現したA New Musical『FACTORY GIRLS ~私が描く物語~』。本作は、ブロードウェイの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと、日本版脚本・演出を務める板垣恭一をはじめとした日本のクリエイティブ・チームが集結して作り上げる新作ロックミュージカル。世界に先駆けて上演するこのプロジェクトの稽古場取材会&囲み会見が、8月27日(火)に東京都内で行われ、柚希、ソニン、実咲凜音、清水くるみ、石田ニコルら出演者によって、物語の一部が初披露された。

物語の舞台は、19世紀半ばのアメリカ・ローウェル。多くの人々の夢と野望が渦巻くこの街に、産業革命によって誕生した紡積工場で働くファクトリー・ガールズたちが女性の権利や自由を求め闘う姿を描く。労働闘争を率いた実在の女性サラ・バグリー役を柚希、サラとぶつかりながらも固い友情を結ぶハリエット・ファーリー役をソニンが演じる。

012892_2.jpg

公開稽古に当たり、板垣は「アメリカのソングライターのお二人が書いた曲をいただいた上で、日本版の脚本を僕が書きました。なので、掛け値なしの日米合作です」と本作の成り立ちを説明。さらに「昔の話ですが、現代に通じることものがあります。例えば貧困や雇用問題。それを、ただ重くやるのではなく、エンタメとしてやろうという試みになっています。一言で言いますと、主題は“女性たちの青春群像劇”です」と説明した。

012892_3.jpg

この日公開されたのは3つのシーン。まず、サラ(柚希)が初めて工場に出勤するシーンで、厳しい環境で働く同僚たちを目の当たりにし、驚きながらも労働に加わる姿を「機械のように」というナンバーに乗せて見せる。ステージいっぱいに「ファクトリー・ガールズ」が登場し、苦悩や怒りを込めたかのような力強い歌声を聴かせた。

012892_7.jpg

その後、サラとアビゲイル(実咲)とルーシー(清水)が“自由に生きたい”“弱い自分に負けたくない”という想いを歌う「自由か死か」、サラがハリエット(ソニン)のオフィスを訪れ、ファクトリー・ガールズたちが「ローウェル・オウファリング」の素晴らしさを歌うシーンが続けて演じられた。

012892_10.jpg

「自由か死か」はそのタイトルのイメージとは違い、明るく、女性たちの前向きな想いが溢れた楽曲だ。続く「ローウェル・オウファリング」は「ローウェル(地名)からの贈り物」の意味を表すタイトルを冠した歌。当時、女性たちが寄稿誌を作っていたという歴史を背負った上での歌で、ファクトリー・ガールズたちが生き生きと寄稿誌を作っていたことがうかがえる内容になっている。

012892_6.jpg

板垣の「エンタメとしてやろう」という言葉の通り、“労働闘争”“貧困”という重苦しい歴史的背景よりも、辛さや苦労を抱え込みながらもそれでも明るく生きる女性のたくましさを感じるシーンが多く、多くの共感を呼び勇気を与える作品となる予感がした。

※なお、この日は「ローウェル・オウファリング」のシーンに登場するフローリア役の能條愛未がスケジュールの都合で不在だったため、その代役を日高麻鈴が務めていた。

012892_8.jpg

囲み取材で柚希は「今の時代にも通じる女性のテーマや生きるとは何かということを考えさせられる話になっていると思います。今回、板垣さんが当て書きをしてくださったのですが、自分が宝塚のトップスターだった頃、リーダーとして悩んでいたことがすごく思い出されます」と語った。そして「私は20年間ミュージカルに携わっていますが、これだけたくさんの女性が並ぶことは滅多にない・・・宝塚以外では。とても革命的なことだと思います」と噛みしめる。

また「役名がついてない子も最強に輝いているのが、最高の舞台」という柚希。「今回、それを板垣さんが(同じように)言ってくださって、感動しています」と目を輝かせ、「本番、みんながキラキラしていて、どの人を見たらいいのか分からなくなるぐらい、よりエネルギーを出してやりたいと思っています」と力強く前を見据えた。

012892_9.jpg

一方、ソニンは「今回、新作ということで我々がオリジナルになっていきます。だからこそ大変なこともありますが、幕が開いた時には今まで感じたことのない達成感があるんじゃないかと思っています」と期待を寄せる。そして、柚希と同じように女性が多い作品であることに改めて触れ「女性だけが並んで激しくダンスを踊って、女性だけのユニゾンで歌を聴かせる迫力を感じるのは、私自身も初めてです。お客さんも聞いたらゾワゾワってなるんじゃないかなと想像すると楽しみで」とにっこり。自身の役柄については「いつもなら拳を握って『お〜!』と扇動していくタイプの役なんですが(笑)。今回は一歩引いて、周りの状況を見て上司と雇用者の間に立って中間をとる役です。共感してくださる方も多いんじゃないかな」とコメント。

012892_4.jpg

工場でサラの先輩で指導役を務めるアビゲイル役の実咲は、宝塚の先輩である柚希とは初共演。「まさかご一緒させていただけるなんて!でも、“工場の先輩”の役なので、今まで見上げていた方と舞台上では肩を組むことにもなるんです・・・。そんな状況も楽しめるところまでいけたらいいなと思っています」と意気込んだ。

012892_11.jpg

ミュージカル2回目の出演となる石田は「(1回目の出演から)時間が空いたので、そういえばこうだったと(思うことも多く)新しい発見があります。いろいろと吸収して、もっともっと楽しめたら」と笑顔。そして、清水は「こういう作品がたくさんの人に見てもらえたら、日本も変わるのかなと思います。恋愛が入っている作品の需要が高いですが、そうではない、女性だけで作る舞台もたくさんの人に見てもらえたらいいなと思います」とアピールしていた。

012892_5.jpg

A New Musical『FACTORY GIRLS ~私が描く物語~』は、以下の日程で上演される。

【東京公演】9月25日(水)~10月9日(水) TBS 赤坂ACTシアター
【大阪公演】10月25日(金)~10月27日(日) 梅田芸術劇場 メインホール

【公式サイト】http://musical-fg.com/

 

(取材・文・撮影/嶋田真己)

A New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』
  • 公演:
  • キャスト:柚希礼音、ソニン、実咲凜音、清水くるみ、石田ニコル、原田優一、平野良、猪塚健太、青野紗穂、谷口ゆうな、能條愛未、戸井勝海、剣幸、ほか
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 012892.jpg
  • 012892_2.jpg
  • 012892_3.jpg
  • 012892_7.jpg
  • 012892_10.jpg
  • 012892_6.jpg
  • 012892_8.jpg
  • 012892_9.jpg
  • 012892_4.jpg
  • 012892_11.jpg
  • 012892_5.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事