loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

キム・ヨンソク(CROSS GENE)主演で音楽劇『ハムレット』上演

012807.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年10月より、シェイクスピア普及の名作を藤間勘十郎の演出で音楽劇として蘇らせた音楽劇『ハムレット』が上演される。

主演・ハムレット役には韓国の人気ボーカルユニットCROSS GENE(クロスジン)で活躍中のキム・ヨンソクを迎え、友人・ホレーシオ役に大橋典之、オフィーリア役に栗原沙也加、オフィーリアの兄・レアティーズ役に野島直人が決定。

さらにクローディアス役に根本正勝、オフィーリアの父・ポローニアス&墓掘り役にルー大柴、そしてハムレットの母・ガートルード役に元宝塚歌劇団男役トップスターである北翔海莉が名を連ねている。

舞台は、洋式の音楽・コスチュームに和楽器の鳴物を加えた、海外上演を目指す勘十郎ならではの演出が行われるとのこと。

音楽劇『ハムレット』は2019年10月22日(火・祝)から10月25日(金)まで東京・天空博劇場にて上演される。チケットは先行が公式サイトにて8月27日(火)22:00まで発売中。

【公式サイト】https://artistjapan.co.jp/

 

この記事の画像一覧

  • 012807.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事