エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

高野洸、眞嶋秀斗、しゅはまはるみらで朗読劇『僕らは人生で一回だけ魔法が使える』再演

012704.jpg

今年2月に初演された朗読劇『僕らは人生で一回だけ魔法が使える』の再演が早くも決定。12月より東京・品川プリンスホテル クラブeXにて上演されることが明かされた。

出演者は高野洸、眞嶋秀斗、松村優(イケ家!)、近藤廉(イケ家!)、遠藤史也、しゅはまはるみ。脚本・演出を鈴乃音が務め、高木里代子がピアノ演奏で華を添える。

物語は、日本のとある町の森の奥にある小さな村で起こる。村の一番の年寄りから「この村で生まれた男の子は、20歳になるまでの間、人生で一度だけ魔法を使うことが出来る」と伝えられたアキトと仲間たちが、何に魔法を使うか考え、悩みながら生きる姿を描く。

今作では、物語はそのままに上演回ごとに高野洸、眞嶋秀斗の役を入れ替え。それぞれ個性の異なるステージが披露される。

朗読劇『僕らは人生で一回だけ魔法が使える』は12月10日(火)から12月15日(日)まで東京・品川プリンスホテル クラブeXにて上演される。チケットは9月10日(火)より先行発売開始予定。

【公式サイト】https://avex-management.jp/lp/magical-reading2019re
【Twitter 】bokumahou

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 012704.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る