loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

「歌って×踊って×戦って×演じる」バトルロックミュージカル『迷宮の扉』まもなく開幕

012695.png
画像を全て表示(2件)

2019年8月7日(水)から8月12日(月・祝)まで東京・シアターモリエールにてREON NEO COMPANY vol.1 BATTLE ROCK MUSICAL『迷宮の扉』が開幕する。

REON NEO COMPANYは、俳優・ダンサー・振付師・DJとして活動しているREONが自身の経験を生かしたステージ作りを目指し、2019年1月に始動。その活動第1弾となる本作は「歌って×踊って×戦って×演じる」ロックミュージカルにバトル要素を加え、ド派手なエンターテインメント演劇を作り出す。

REON監修のもと、演出は松井カズユキ、脚本は木内のり子が担当。さらに、古川千恵子の楽曲制作で、全編オリジナル楽曲で物語が綴られる。

012695_2.jpg

【あらすじ】
千年の昔、世界は混沌とし、欺瞞と憎悪に溢れていた。
心の中に満ちていたのは悲しみ。
目覚めることに、失望するほど希望のない日々であった。
人々は平和を願い、ただ祈ることしかできなかった。
かつて、そんな世界を救おうとした青年がいた。
彼の名は「アルク」。
彼の創り出す「音楽」は人々の最後の希望である「門」を開けた。
その「門」が開く時、それは人々の願いが届く時。
善も悪もその想いの強さが門を開け、世界は浄化される・・・。
そんな英雄伝が語り継がれる現代、世界は平和に満ち溢れていた。
人気ロックバンド「レゾンデートル」彼らもまた平和に生き「音楽」を創ることに勤しんでいた。
そんな中、彼らの元にある一枚の楽譜が届いて――。

ロックバンド「Reison d’etre(レゾンデートル)」のメンバー、ルーカス役には松岡卓弥、クロエ役にはREON、テオ役には古畑恵介、ジェフ役には添田翔太、ジャレット役には宮島沙絵。

さらに、佐々木七海、吉岡佑、二平壮悟、門田紗苗、三原大樹、神谷康太、當間ローズ、井上賢吏、坂下陽春、端優志、常松花穂、雅野友里恵、村山胡桃らが出演。

REON NEO COMPANY vol.1 BATTLE ROCK MUSICAL『迷宮の扉』は、8月7日(水)から8月12日(月・祝)まで東京・シアターモリエールにて上演される。上演時間は、約120分を予定。

この記事の画像一覧

  • 012695.png
  • 012695_2.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事