loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

江戸川乱歩×倉持裕新作『お勢、断行』倉科カナ、上白石萌歌ら出演

012632.jpg
画像を全て表示(1件)

倉持裕が手掛ける、江戸川乱歩の蠱惑的な迷宮世界を巡る新作『お勢、断行』が2020年2月から3月にかけて東京・世田谷パブリックシアターにて上演されることが決定。それに伴い、出演者も公開となった。

本作は、江戸川乱歩の小説そのものを舞台化するのではなく、乱歩的美意識やユーモラスでミステリアスな登場人物たちをモチーフに、倉持独自の感性であらたな物語を立ち上げ、魅力あふれる個性豊かな俳優たちが乱歩的迷宮を駆け巡る新作現代演劇。主題歌はミュージシャンの斎藤ネコが担当する。

世田谷パブリックシアター×倉持のタッグは2017年の『お勢登場』以来3年ぶり・3度目。出演者には倉科カナ、上白石萌歌、江口のりこ、柳下大、池谷のぶえ、粕谷吉洋、千葉雅子、大空ゆうひ、正名僕蔵、梶原善が名を連ねている。

◆倉持裕(作・演出)
2017年にシアタートラムで、江戸川乱歩の複数の短編を絡み合わせた芝居『お勢登場』を上演したことで、その主人公である悪女・お勢の魅力に取りつかれ、再び彼女が暗躍する物語を紡ぎたい、と思ったのが今回の企画の始まりです。乱歩作品の時代背景、禍々しい世界観を拝借して、やむにやまれぬ悪行と、暴走する善行を、並走させて描きたいと思っています。

◆倉科カナ
タイトルロールの“お勢”役の出演依頼をいただいたとき、私自身、舞台が大好きですし、率直な感想は、、慄きました。こんなプレッシャーは朝ドラの合格発表を聞いた時以来です。お勢は「悪女」ですね・・・少女のような無垢な怖さと色気のあるキャラクター女性の満ち足り無さ・・・与えられても足りない、その虚無感。 倉持さんがどう作られるのか楽しみです。出来る限りの事をして舞台に、役に誠実に向き合い、がんばります。

◆上白石萌歌
以前から倉持さんの作品が好きでした。奇妙な冷たさのようなものの中に熱を感じたり、巧妙な笑いがあったり。どの作品にも倉持さん特有の言葉の魔法のようなものを感じます。いつかご一緒したいと密かに願った夢がこんなにも早く叶って嬉しいです。正義とは何なのか懸命に問い、魅力的な大先輩方からできるだけ多くのものを吸収し、成長できればと思います。今からとても楽しみです。

『お勢、断行』は2020年2月より東京・世田谷パブリックシアターにて上演。愛知・島根・兵庫・香川・長野でのツアー公演も予定されている。


この記事の画像一覧

  • 012632.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事