エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

十一代目市川海老蔵、最後の『ABKAI』Snow Man宮舘涼太&阿部亮平らを迎え「実盛物語」

012628.jpg

2019年11月に東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、市川海老蔵 第五回自主公演『ABKAI 2019~第一章 FINAL~』の上演が決定した。「ABKAI」は、十一代目市川海老蔵が近年積極的に取り組んでいる「伝統の継承」と「新時代の歌舞伎の創造」の融合を目指す舞台。2013年夏に誕生し、今回で5回目となる。出演者には、『滝沢歌舞伎』などで活躍するジャニーズJr.のユニット「Snow Man」から、宮舘涼太と阿部亮平が初参戦。さらに、歌舞伎界からは市川右團次が参加する。

今回、十三代目市川團十郎白猿の襲名を控える海老蔵にとって、これが最後となる『ABKAI』。歌舞伎を気軽に楽しんでほしいという思いから、日本昔話や古事記など、一般的にも馴染みのある題材を扱ってきた海老蔵が選んだのは、以前より海老蔵が構想を温めていた「源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)」より、「実盛物語」をモチーフとした物語。

「実盛物語」に登場する斎藤実盛は、歌舞伎においては「生締(なまじめ)」とも呼ばれ、分別のある武将の典型的な役柄。扇を用いて物語る場面が見どころで、平家に仕えながらも源氏に忠を尽くさんとする実盛の生き様や、ドラマ性があふれる時代物の名作と称されている。海老蔵はこれを『SANEMORI』と題し、新たな歌舞伎の舞台として創り上げる。

市川海老蔵 第五回自主公演『ABKAI 2019~第一章 FINAL~』は、11月5日(火)から11月25日(月)まで東京・Bunkamura シアターコクーンにて上演される。チケットは、9月8日(日)より一般発売開始。

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 012628.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る