エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

年末の“祭”シリーズ『明治座の変 麒麟にの・る』W座長は平野良&安西慎太郎

012617.jpg

2019年12月末に東京・明治座にて『明治座の変 麒麟にの・る』(通称:る変<るへん>)の上演が決定した。演劇製作会社る・ひまわりと創業140年超の老舗大劇場・明治座がタッグを組み、歴史ものをテーマに上演を続けてきた“祭”シリーズ。今回は、演出を原田優一、脚本を赤澤ムックが手掛けることが発表されていたが、この度、全キャストを発表。今年のW座長は、平野良と安西慎太郎が務めることが分かった。

本作は、伝統ある商業演劇スタイルに則り、第一部はお芝居、第二部ではショーの2部構成となっている。史実をなぞりながらも歴史の「もしも」に着目する第一部の演目は『麒麟にの・る』。日本の歴史上、最も有名にして最も謎が多いとされる“本能寺の変”を、トンデモ設定の新たな物語として描く。重大な秘密を抱えた明智光秀を平野、同じくワケありの織田信長を安西が演じ、「明智光秀はなぜ織田信長を討ったのか?」“本能寺の変”最大の謎に迫る。

そして第二部は、総合司会・三上真史のもと、番外編「3.5次元舞台~日本の歴史~」と題し、歴史上の人物たちがミュージカル、LIVE、恋愛シミュレーションゲーム、寸劇、ネタ見せなど、多様な出し物を披露する。
※3.5次元とは・・・3次元と4次元の間/あらゆる世界に乗っかろうとすること、その意志/祭シリーズを原作としたキャラクターによる、また別のお話の世界(出典:るー辞苑)

012617_3.jpg

このほか出演者には、元・宝塚トップスタ―の凰稀かなめ、劇団☆新感線の粟根まこと、お笑い芸人の椿鬼奴、“祭”シリーズ常連の辻本祐樹らが集結。出演者の詳細は、以下のとおり。

【出演】
明智光秀:平野良 織田信長:安西慎太郎
明智左馬之助:神永圭佑
木下秀吉:木ノ本嶺浩 
浅井長政:滝口幸広

竹中半兵衛:井阪郁巳
荒木村重:松田岳
柴田勝家:小早川俊輔
森蘭:吉村駿作
森丸:土屋神葉

顕如:林剛史
石田三成:谷戸亮太
足利義昭:川隅美慎
佐久間信盛:二瓶拓也
明智煕子:井深克彦
飼育員田村さん:中村龍介

きりん:加藤啓
徳川家康:内藤大希・原田優一(Wキャスト)
ルイス・フロイス:日替わりゲスト
28日昼:多和田任益、夜:佐藤貴史
29日昼・夜:佐奈宏紀
30日昼:永田聖一朗、夜:杉江大志、近藤頌利
31日昼:山崎大輝、夜:原田優一

帰蝶:椿鬼奴
正親町天皇:辻本祐樹
おっちゃん:粟根まこと
お市:凰稀かなめ(特別出演) 

発表にあたり、平野、安西、原田のコメントを紹介。

◆平野良(明智光秀役)
2013年ぶりのるひまさんの年末のお祭り。しかも時代は誰もが滾る本能寺の変。一部のお芝居パートもお楽しみパートの二部も今までより人数を少なくし濃厚に作りたいと聞いた時は、よっしゃ!やったるぞ!と勇みました。ダブル主演の相方である安西慎太郎くんは以前から多方面から評判を聞き、また自分の目でも見ていつか共演してみたいなと思っていました。その矢先にお話が来て、もうこれは運命だと思いました。この運命の共闘をぜひ応援ご贔屓のほどよろしくお願いします。

◆安西慎太郎(織田信長役)
今年も年末シリーズがやってきました。ワクワクが止まりません。どんな作品が待っているのか楽しみです。そして今年はいつもとは違う構成ですので、また違った楽しみがあると思います。カンパニー全員でおもしろい作品を作ります。ぜひぜひ、年末は明治座へお越しください。お待ちしております。

◆原田優一(演出・出演)
この度、演出という大きなミッションを頂戴しました原田優一です。また、個性的なキャスト・スタッフの皆様に集まっていただきまして、どのような世界を明治座の舞台に出現させようか今は私の頭の中でそのレシピを考えている最中です。とてもワクワクする作業ですが、同時にプレッシャーとも戦っている現在です。楽しみに待っていてくださるお客様の期待に添える舞台にしたいと思います。ご来場をお待ち申し上げております。

012617_2.jpg

【第一部あらすじ】
「この世に名君現るとき、麒麟もまた現る」
時は戦国。
武将たちが天下統一を目指して戦を繰り広げた戦乱の世。
残虐非道な第六天魔王、織田信長は今日も今日とて戦に明け暮れていた。

一方。令和元年。
動物好きで歴史オタクの青年が、動物園で突然“きりん”に 突進される。青年が気が付くとそこは―戦国時代だった。
何故か擬人化した“きりん”が言う。
「おめでとう。今日からお前は竹中半兵衛だ。」
さらに“きりん”は言う。
「“きりん”は織田信長を探しています。あ!見つけた信長!」
話を聞かない“きりん”が再び突進した先にいたのは、 明智光秀と名乗る武将だった――。

「何故、明智光秀は織田信長を討ったのか」
トンデモ設定で繰り広げる“本能寺の変”。

『明治座の変 麒麟にの・る』は、2019年12月28日(土)から12月31日(火)まで東京・明治座にて上演される。チケットは9月15日(日)より一般発売開始。

【公式サイト】https://le-hen.jp
【出演者発表番組動画】https://youtu.be/jEYBBdVpdcM

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全3枚)

  • 012617.jpg
  • 012617_3.jpg
  • 012617_2.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る