エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

金子大地、吉田鋼太郎演出のシェイクスピア作品『ヘンリー八世』で初舞台へ

012591.jpg

2020年2月に上演される、彩の国シェイクスピア・シリーズ第35弾『ヘンリー八世』で、金子大地が舞台初出演を果たすことが分かった。演出は、ドラマでも金子と共演した吉田鋼太郎。金子はクランマー役を演じる。

「彩の国シェイクスピア・シリーズ」は、1998年のスタート以来、蜷川幸雄のもとで、シェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指すシリーズ。2017年12月に、蜷川幸雄の後を俳優・吉田鋼太郎が継ぎ、吉田演出の3作目が上演される。

『ヘンリー八世』は歴史劇だが、珍しく戦争の描写がなく、舞踏会や戴冠行列、エリザベス女王洗礼の祝賀など、ヘンリー八世時代の華やかな一面が物語に反映されている作品。歴史劇としては『ヘンリー四世』二部作、『リチャード三世』に続く人気作だが、上演回数は数少ないとされている。

ヘンリー八世役を演じるのは、本シリーズで『シンベリン』『ジュリアス・シーザー』にも主演した阿部寛。そして、吉田、金子のほか、宮本裕子、山谷花純、谷田歩、河内大和などが集結する。

発表に当たり、演出・出演の吉田と、初舞台を踏む金子より、以下のコメントが届いた。

◆吉田鋼太郎
金子大地とは『おっさんずラブ』というテレビドラマと、同じくその映画で一緒に仕事をしました。
たくさんの手練れの競演者を相手に、まだいろいろな意味で若くそして真っ直ぐな大地が孤軍奮闘する様子がとても瑞々しく、これからたくさんの経験をして芸能、芸術のセンターに立つようになるのだろうな、と思いながら見ていました。
で、いよいよ初舞台ということで。しかもシェイクスピアということで。
きっと多大なるプレッシャーと戦っているでしょう。
もちろん大地の初舞台を演出する僕も多大な重責を感じています。
でも、おっさんずラブで戦っていた大地を僕は知っています。
必ず素晴らしい初舞台になると確信しています。
一緒に高い山に登りましょう。
来年、新しい舞台役者、シェイクスピア役者金子大地が誕生します。
乞うご期待です。

◆金子大地
今作への出演が決まり、初舞台の扉を鋼太郎さんに開けていただけるということがすごく光栄で嬉しかったです。
今まで舞台を経験したことがなかったので、自分でもいつか舞台に立ちたいと思っていた中、『おっさんずラブ』でずっとご一緒してきた鋼太郎さんに演出していただけることが本当に嬉しいです。
鋼太郎さんに、「大地がこの役を演じてくれて良かった」と言っていただけるようがんばります。
阿部寛さん、吉田鋼太郎さんをはじめとする豪華なキャストの皆さんと共に素晴らしい作品にするべく精一杯全力でがんばりたいと思います。

012591_2.jpg

【あらすじ】
英国王ヘンリー八世の宮殿では、ウルジー枢機卿が勢力を強めている。国王の寵愛を受けながら、出世のために策略をめぐらし高慢なウルジーは公爵たちの非難の的になっている。そんな中、学識高く才能をもつバッキンガム公が、ウルジーの陰謀によって裁判にかけられ、冤罪により死刑となった。ある晩、王はウルジー邸の晩餐会で王妃に仕える女官アン・ブリンに心奪われる。王は王妃キャサリンとの結婚を無効にしようと離婚裁判を起こすが、キャサリンは自身の敵であるウルジーが審判する裁判への出頭を拒否、ウルジーもまた自分の得にならない離婚裁判の延期を謀る。一方、国を離れていた王の腹心クランマーは、帰国し大司教に命じられるが、司教たちにより陰謀を企てられ・・・。

彩の国シェイクスピア・シリーズ第35弾『ヘンリー八世』は、以下の日程で上演される。チケットは11月16日(土)より一般発売予定。

【埼玉公演】2020年2月14日(金)~3月1日(日) 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
【北九州公演】2020年3月14日(土)・3月15日(日) 北九州芸術劇場 大ホール
※大阪公演の予定あり

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 012591.jpg
  • 012591_2.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る