loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ブロードウェイ発祥のディスカウントチケットストア「tkts」が日本初上陸

012504.jpg
画像を全て表示(2件)

ブロードウェイ発祥のディスカウントチケットストア「tkts(ティーケーティーエス)」が、2019年8月末より東京と大阪で順次オープンすることが発表された。「tkts」は、その日の公演のチケットを公式に割引いて販売するディスカウントチケットストア。1973年にNYタイムズスクエアにオープンし、現在ではタイムズスクエア、リンカーンセンター、サウスストリートシーポートの3店舗が展開。繁忙期にはオープン2時間前から店舗前に行列ができ、 1日に7,000枚ものチケットが売れる日もあるという。

012504_2.jpg

日本では、「tkts」を運営している「Theatre Development Fund(TDF)」から世界で初めて公認を受け、訪日外国人向けのチケット販売ブース「Tickets Today(チケッツトゥデイ)」やチケット販売サイト「Confetti(カンフェティ)」などを手掛けるロングプランニング株式会社が運営する。

日本版「tkts」では、ミュージカルや演劇、能、歌舞伎、ライブ、スポーツ、展覧会などのチケットが当日・翌日分のみ割引価格(一部定価あり)で購入可能に。なお、現在運営されている訪日外国人向けのチケット販売ブース「Tickets Today(チケッツトゥデイ)」は、2019年中にすべて「tkts」へ変更される。

【詳細】https://tkts.tokyo/

この記事の画像一覧

  • 012504.jpg
  • 012504_2.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事