エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)の舞台単独主演2作目『相対的浮世絵』演出は青木豪

012503.jpg

山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)主演で、2019年10月末から11月にかけて『相対的浮世絵』の上演が決定した。本作は、2004年・2010年に上演された土田英生の傑作コメディ。青木豪の演出で、約9年ぶりの再演を果たす。山本にとっては、これが自身2作目の単独主演舞台。共演者には、伊礼彼方、石田明(NON STYLE)、玉置玲央、山西惇が名を連ねた。

【あらすじ】
人生の曲がり角に差し掛かり、それぞれにややこしい問題を抱えてしまっている岬智朗(伊礼)と、高校時代の同級生・関守(石田)。そんな二人の前に突然現れ、救いの手をさしのべたのは、15年前、高校生の時に事故で死んだはずの、同級生・遠山大介(玉置)と岬の弟・達朗(山本)だった。
どこかでうしろめたい気持ちを抱えながら、遠山と達朗の「ある力」を頼りにするようになる二人。そこへ現れたのは、自分の思い出ばかり語りたがる、やたらおしゃべりな初老の男、野村淳(山西)。彼は、遠山、達朗と知り合いだという。
いつも一緒にいた高校時代の、他愛のない思い出話に盛り上がる4人。そして、そんな話に入れて貰えない野村。やがて、話はかつての事故の話にさかのぼり・・・。
あの日、何が起こったのか。現在を生きる二人と過去のままの二人。4人の時間が交差した時、明らかになる真実とは・・・。

発表にあたり、演出の青木、出演者より山本と伊礼から以下のコメントが届いた。

◆青木豪(演出)
男ばっかりの芝居であります。女の人に怒ってもらわないと、男はだいたい留まることを知らずにバカをやります。土田英生さんがご自分の劇団で初演し、その後キューブで再演したこの作品は、繊細な中にも男ならではのおバカぶりが漂っています。おバカさんたちの生き様を、笑ったり泣いたりして楽しんでいただけたら幸いです。

◆山本亮太
『相対的浮世絵』の主演を務めさせていただく宇宙Sixの山本亮太です!
今回高校生役ということで色んな意味で楽しみな気持ちと期待がすごく入り混じっています!!
単独で大阪に行くことも初めてなのですごく気合いが入ってます!
ジャニーズ事務所、そして宇宙Sixの名に恥じないように山本亮太らしく燃えて、東京・本多劇場、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールに来てくださる皆さんを楽しませたいと思います!
一つ一つの繋がり、そしてチャンスを必ず活かしたいと思います!

◆伊礼彼方
久しぶりの少人数芝居。初めての劇場。素敵なキャストと豪さんの演出がどう絡み合うのか!?
5人の持つ個性がどうぶつかり合いどんな世界を描くのか!?
今からとてもとても期待しております。
きっとわいわいガヤガヤと濃密で楽しい稽古場になる事でしょう。
2019年版『相対的浮世絵』。豪さんの演出で生まれ変わります!乞うご期待くださいませ!! 

『相対的浮世絵』は、以下の日程で上演される。

【東京公演】10月25日(金)~11月17日(日) 本多劇場
チケット発売日:9月7日(土)
【大阪公演】11月22日(金)~11月24日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
チケット発売日:9月予定

【公式サイト】http://www.cubeinc.co.jp/

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 012503.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る