エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

阿久津仁愛×辻凌志朗×内海啓貴×佐藤祐吾の副音声付!ミュージカル『テニスの王子様』ドリライ2017を放送

012482.jpg

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンの中から「9代目始動!新青学(せいがく)テニス部」と題して4作品が、2019年7月23日(火)よりWOWOWで放送される。放送されるのは、青学レギュラー陣と強豪校との熱戦が繰り広げられる「青学(せいがく)vs六角」、「青学(せいがく)vs立海」、「青学(せいがく)vs比嘉」の3作品と、青学(せいがく)をはじめとした各校のキャストたち達が総出演し、ミュージカル本編で魅せた歌とダンスを披露する「コンサート Dream Live 2017」(通称:ドリライ2017)。「ドリライ2017」には青学(せいがく)、山吹、氷帝、六角の4校が登場している。

そこで「ドリライ2017」は、メインキャストによる副音声解説付きで放送されることに。この副音声には、青学(せいがく)の越前リョーマ役の阿久津仁愛(あくつにちか)、山吹・東方雅美役の辻 凌志朗、氷帝・日吉 若役の内海啓貴、六角・木更津 亮役の佐藤祐吾の4名が参加。パフォーマンス解説や、舞台裏のエピソード、思い入れのある曲など“今だから話せるとっておきのエピソード”を大いに語り尽くした。収録後には、この4名による座談会も行われた。なお、この座談会の様子も「ドリライ2017」本編と一緒に放送されるとのこと。

012482_2.jpg

以下、その一部をご紹介。

阿久津は「青学(せいがく)vs六角」が初舞台だった。役が決まった時「最初に舞台を観た時は、みんな簡単そうにこなしていたから、僕にもできるんじゃないかと思っていた」という阿久津。「でも、いざ稽古場に入ってみると、歌って踊るということはこんなにも大変なのかと思いましたね」。だが、阿久津はそこからひたむきに稽古に励み、越前リョーマという役に向き合っていった。

そんな阿久津について、辻が「仁愛のリョーマを見た時、すごい人がリョーマになったなと思った。リョーマのDNAをすべて引き継いでいるなと思ったんです。容姿もそうだし、仕草もそう。振り付けもみるみる上手くなっていくんですけど、そういうところもまたリョーマらしくて。感覚でなんでも吸収して、自分のものにしているところがすごいなと思いました」と語れば、内海も「原作そのままだし、かわいいと思いました。僕が思うリョーマは、(8代目の)古田一紀のイメージが強かった。あいつは稽古場の時からバチバチさせてきたから、今回の仁愛もそう来るのかなと思っていたんですけど、いきなり『お願いします!僕から打ちますんで』とさわやかな感じで来たから調子が狂っちゃって(笑)。本当にステキなリョーマだなと思いました」と続いた。

副音声収録を振り返りながら、阿久津は「今日の収録で改めて『ドリライ2017』を観て、こんな感じだったのかという驚きがありました。あの時は全力でやっていたのに、知らない間にいろんなことができるようになったんだなと・・・。もちろん今でも『まだまだだな』とは思いますけど、でも、2年間がんばってきたんだな」としみじみ。

その言葉に内海が「テニミュってそういうところから教えてくれる場所だからね」と同意すれば、佐藤も「過去の映像が観られるのはいいよね。きっと2年後も同じようなことを言っているんだろうけど。でも、そういうことの積み重ねだと思うんですよね」と加えた。

チームごとに個性が違うのが、テニミュの魅力の一つ。氷帝について、内海は「(跡部景吾役の三浦)宏規はあまり言わないタイプ。みんなそれぞれ個人で振りを作っていって、出来上がった頃に、みんなで映像を観ていろいろ話し合いました。だから踊り方とか、キャラクターも個性豊かなんですよね」と語る。

一方、山吹について辻は「ドリライの時は(喜多一馬役の蒼木)陣くんがリーダーシップを取ろうとしてくれて、山吹はドリライで完成したように感じます。本公演でも必死にやっていたけど、ドリライでやっと余裕ができて、役と向き合えた時間が多かったなと思っていて。そこで完成もして、仲良くなったと思う」とコメント。

佐藤は、六角について「六角は山吹とは、そこが違うかな。意見が合う合わないではなくて、プライベートはあまりしゃべらないんですよ。でも、仲が良くないわけではない。(矢代卓也演じる葵)剣太郎が『じゃ、みんなでやろうか』と言って、演じている六角のようにまとまっている。(六角と山吹は)似ているようで違うんだね」と語った。

座談会の最後、阿久津は「この番組が放送される頃には、『3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 前編』が公演中なんですが、これは今まで培ってきたリョーマ像とは180度違ったリョーマがお見せできると思います。そして、10月にはテニミュの運動会もあります。ぜひ応援よろしくお願いします!」と呼びかけていた。

◆放送情報
ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2017[副音声解説付]
阿久津仁愛×辻凌志朗×内海啓貴×佐藤祐吾
【放送日】8月13日(火)夜10:00 WOWOWライブ

<放送ラインナップ>
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs六角
【放送日】7月23日(火)夜10:00 WOWOWライブ

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海
【放送日】7月30日(火)夜10:00 WOWOWライブ

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉
【放送日】8月6日(火)夜10:00 WOWOWライブ

【番組HP】https://www.wowow.co.jp/special/015122

※辻凌志朗の「辻」は一点しんにょうが正式表記

(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト (C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 012482.jpg
  • 012482_2.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る