エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

音楽劇『トムとジェリー』ジェリーの母親に増田惠子!梅垣義明&山本圭壱もWキャストで出演

012387.jpg

アニメ『トムとジェリー』を日本初舞台化した音楽劇『トムとジェリー 夢よもう一度』が2019年8月より上演されるが、このほど追加キャストが公開となった。

関連記事:ココリコ遠藤、バッファロー吾郎竹若、ジャニーズJr.らで『トムとジェリー』を音楽劇に

明らかになったジェリーのお母さん・ジュリエッタ役の増田惠子と、“ドラ猫ガス”役の梅垣義明(ワハハ本舗)と山本圭壱。梅垣と山本はWキャストで同役を務める。

本作には舞台初出演となる遠藤章造(ココリコ)と、竹若元博(バッファロー吾郎)が“トム”役で出演。“ジェリー”役を、松本幸大(宇宙 Six/ ジャニーズ Jr.)が名古屋公演で、山本亮太(宇宙 Six/ ジャニーズ Jr.)が東京公演で、松崎祐介(ふぉ~ゆ~)が大阪公演で務める。

【あらすじ】
ジェリーを捕まえることに並々ならぬ情熱を注ぐが、おっちょこちょいでどこか憎めないネコのトム。そして、体は小さいが頭脳明晰なネズミのジェリー。ある日のこと、トムとジェリーは、いつものように仲違いしていたのだが、トムのもとに魅力的なメスネコが現れる。トムにとってはたまらない憧れの女の子「トゥードルス」であった。でもトムは、なかなかうまく愛を告白できないで困っている。

そこへジェリーがやって来て、トムの情けなさに大笑い。トムはバカにされたと思い、腹を立てて、またもや喧嘩が始まる。ジェリーは逃げながら「弱いネズミをイジめるとその女の子にも嫌われるぞ、女の子は強くて優しい人に惹かれるのだ」と言い出した。トムは、その言葉に反応し、ジェリーから恋の手ほどきを受けることになる。そして、その憧れの「トゥードルス」に気持ちを伝えるが・・・。

音楽劇『トムとジェリー 夢よもう一度』は、以下の日程で上演される。

【名古屋公演】8月3日(土)~8月11日(日) 御園座(名古屋)
【東京公演】9月12日(木)~9月16日(月・祝) Bunkamura オーチャードホール
【大阪公演】10月17日(木)~10月20日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

【公式HP】https://www.musical-tomandjerry.jp/
【公式Twitter】@musical_TandJ

TOM AND JERRY and all related characters and elements (C) & ™ Turner Entertainment Co.(s19)

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 012387.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る