loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

黒薔薇編で深く、もっと深く――ミュージカル『少女革命ウテナ~深く綻ぶ黒薔薇の~』開幕

012341.jpg
画像を全て表示(15件)

2019年6月29日(土)に東京・シアターGロッソにて、ミュージカル『少女革命ウテナ~深く綻ぶ黒薔薇の~』が開幕した。本作は、1997年に放送開始されたTVアニメ「少女革命ウテナ」を原作とするミュージカル第2弾。初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、出演者より能條愛未、山内優花、吉澤翼、立道梨緒奈、樋口裕太、吉岡佑、徳山秀典が登壇し、意気込みを語った。

012341_6.jpg

『少女革命ウテナ』は、王子様に憧れる男装の少女・天上ウテナ(能條)が“薔薇の花嫁”と呼ばれる少女・姫宮アンシー(山内)と出会うことから、<世界を革命する力>を手に入れるための闘いに巻き込まれていく。ミュージカル第1弾「~白き薔薇のつぼみ~」ではTVアニメの「生徒会編」、今回の第2弾では「黒薔薇編」が描かれる。脚本・演出は吉谷光太郎。また、TVアニメを手掛けた幾原邦彦もスーパーバイザーとして加わっている。

012341_4.jpg

天上ウテナ役に再び挑む能條は「今回から新たに加わったキャラクターたちが、すごく個性的で、物語をいいカンジにかき乱してくれるので、ウテナの世界観をさらに濃厚にお見せできるのではないかと思います」とコメント。

012341_2.jpg

姫宮アンシー役の山内は「今回の物語は、キャラクターたちの心の闇や背負っているものを利用して決闘が行われていくんですが、その心の闇は誰もが持っているものだと思います。どのキャラクターに一番思いを寄せやすいのか、考えながら観ていただけたらと思います」と続いた。

012341_12.jpg

生徒会副会長だった西園寺莢一役の吉澤と、生徒会メンバーの薫幹役の樋口裕太は、新キャストとして本作に参加。吉澤は「たくさんありますが、その中でもアンサンブルの方々のダンスがすごいです。様々なところでいろんなことが起こっているので、何回観ても楽しめるんじゃないかなと思います」、樋口は「僕がお客さんだったら、きっと3回観たあたりでなるほど・・・ってなると思います。それぐらい、何回観ても新たな発見のある舞台です」と、それぞれ見どころに挙げた。

012341_10.jpg

同じく生徒会メンバー・有栖川樹璃役を続投する立道は「アニメの世界がより忠実に再現され、前作よりもキャラクターが増えたことで人間模様がすごく複雑になりました。緻密に作られているので、瞬きせずに見ていただきたいです」とアピール。

012341_3.jpg

吉岡が演じるのは、姫宮アンシーの兄で鳳学園の理事長代行を務める鳳暁生。吉岡は、吉谷の演出に触れ、「1シーンの中に複数のストーリーが進行する吉谷さんらしい演出になっているので、目が足りないと思います。起きていることが理解できると、ウテナの世界観をすごく楽しめるものになっているのでは」と語る。

012341_5.jpg

そして「黒薔薇編」のキーマン・御影草時役の徳山は「今までで一番原作を観た」と明かす。「御影草時は感情をあまり表面に出すキャラクターではないため、お客様へこの役をしっかり伝えられるようにしっかり勉強しました」と役作りを振り返った。また、音楽に関しても「ドラマチックなものから、黒薔薇編を象徴するような闇に迫るものまで、いろいろな曲が詰まっています。物語を彩る素晴らしい楽曲の数々にも、注目してください」と加えた。

最後に、能條は「人には言えない秘密や少し邪悪な部分を、ミュージカルでしか表現できない方法で皆様にお届けできるんじゃないかと思います。どこか心にずっしりくるような感じになると思うのですが、その感覚を楽しみつつ、観ていただけたらなと思います」と締めくくった。

012341_8.jpg

<思い出を永遠にするため>に御影ゼミ(通称:黒薔薇会)を主宰する天才・御影草時(徳山)と彼を“先輩”と呼ぶ少年・千唾馬宮(こんどうようぢ)が、薫幹(樋口裕太)の双子の妹・薫梢(田上真里奈)、有栖川樹璃(立道梨緒奈)の幼馴染・高槻枝織(朝倉ふゆな)、ウテナの親友・篠原若葉(竹内夢)らの心の闇を解放し、“黒薔薇のデュエリスト”に仕立て、ウテナを追い詰める「黒薔薇編」。

012341_7.jpg

本作の主軸を担うのは、主人公にはなれないキャラクターたち――“誰かの特別になりたい”と願う少女たちだ。彼女たちは「執着」「嫉妬」「限界」・・・自分ではどうしようもない感情と衝動に翻弄されていく。そんな心に入り込んでいく草時は、「あなたは世界を革命するしかないでしょう、あなたの進む道は用意してあります」と囁く。闇に沈む少女たちの姿は、日々をもがく私たちの心に深く深く突き刺さる。

012341_11.jpg

012341_13.jpg

一方で、ウテナらしいシュールな笑いも満載。桐生七実(鈴木亜里紗)のあのカオスなエピソードが華麗なミュージカルに仕立てられていたり、影絵少女(熊田愛里)に突っ込むウテナが見られたり、原作を知っていれば知っているほど、その再現度に驚かされること必至。

012341_9.jpg

何より女優陣の奮闘ぶりが素晴らしい。能條、山内ら続投キャストたちがよりキャラクター造詣を深めてきたことはもちろん、田上と朝倉、両名が短い時間の中で残すインパクトが強い。田上の持つ少女性と梢の持つ不良性が化学反応を起こしていて大変おもしろいし、朝倉に至っては口を開いた瞬間に「2.5次元」が概念ではなくなるような衝撃をもたらしてくれる。

012341_14.jpg

そんな女優陣と照らし合うようなこんどうのジェンダーレスな美しさ、吉岡、徳山の持つ成熟した男性の醸す妖艶さが相まって“今”に蘇る『少女革命ウテナ』の世界。物語が進めば進むほど、世界の果てを見たくなる。

012341_15.jpg

ミュージカル『少女革命ウテナ~深く綻ぶ黒薔薇の~』は、7月7日(日)まで東京・シアターGロッソにて上演。上演時間は、約2時間15分(休憩なし)を予定。

なお、本公演のBlu-ray&DVDが、11月20日(水)に発売されることも決定。詳細は、以下のとおり。

◆ミュージカル『少女革命ウテナ~深く綻ぶ黒薔薇の~』Blu-ray&DVD
【発売日】2019年11月20日(水)
【価格】Blu-ray:9,800円+税、DVD:8,800円+税
【仕様】2枚組
Disc1:2019年7月7日千秋楽映像
Disc2:特典映像(稽古場&バックステージ、ステージ全景映像ほか)
【期間限定先行予約特典】
公演中にBlu-ray・DVDどちらかをご予約いただいた方にミュージカル『少女革命ウテナ』オリジナル曲オルゴール(仮)をプレゼント(会場予約・WEB予約どちらも対応)
※オルゴールは商品と同梱発送を予定

【公式HP】http://musical-utena.com/
【公式Twitter】@musical_utena

(C)ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京 (C)ミュージカル「少女革命ウテナ」製作委員会

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

 

ミュージカル『少女革命ウテナ~深く綻ぶ黒薔薇の~』
  • 公演:
  • キャスト:能條愛未、山内優花、吉澤翼、立道梨緒奈、樋口裕太、鈴木亜里紗、竹内夢、朝倉ふゆな、田上真里奈、こんどうようぢ、熊田愛里、吉岡佑、徳山秀典、ほか
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 012341.jpg
  • 012341_6.jpg
  • 012341_4.jpg
  • 012341_2.jpg
  • 012341_12.jpg
  • 012341_10.jpg
  • 012341_3.jpg
  • 012341_5.jpg
  • 012341_8.jpg
  • 012341_7.jpg
  • 012341_11.jpg
  • 012341_13.jpg
  • 012341_9.jpg
  • 012341_14.jpg
  • 012341_15.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事