loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

誰ガ為のアルケミスト 舞台版『聖石の追憶』開幕!橘龍丸「それぞれの正義と誓いを胸に」

012319.jpg
画像を全て表示(31件)

2019年6月26日(水)に東京・博品館劇場にて、「誰ガ為のアルケミスト 舞台版『聖石の追憶』」が開幕した。本作は、全世界900万ダウンロード突破のアプリゲーム「誰ガ為のアルケミスト」の初舞台化作品。初日前には、公開ゲネプロと囲み会見が行われ、出演者より橘龍丸、花影香音、三浦海里、末永みゆ、遊馬晃祐、小笠原健、中村誠治郎、企画・プロデュースの今泉潤が登壇した。

012319_2.jpg

「誰ガ為のアルケミスト」とは、FgGが贈る本格的タクティクスRPG。「人々の意志は、神々の石に翻弄される」7つの国家を舞台に、個性豊かな7人の主人公が織りなす壮大でドラマティックな物語で人気を博し、今年で3周年を迎えた。本作では、クダンシュタインを主人公とし、イベントクエスト「聖石の追憶」をベースに“もうひとつの「聖石」の物語”と銘打ったオリジナルストーリーを展開する。

012319_26.jpg

主人公・クダンシュタイン(以下、クダン)を演じる橘は、開幕に向け「(企画・プロデュースを手掛けた)今泉さんが情熱的な方で、本読みが終わってからもう一度本を改めて考えてくださり、稽古最終日までぶつかりながらお芝居を作らせていただけたので、本当に幸せでした」と振り返った。

今泉は「3周年の誰ガ為(タガタメ)イヤーということで、ゲームから始まったこの作品を通して、ユーザーの皆さんにいろんな体験をしてもらおうと、映画にしたり小説にしたりしてきまして、いよいよ舞台です。僕自身、以前舞台を作っていたことがありまして、熱いものを届けるエンターテインメントとしては、舞台が一番すごいものなんじゃないかと思っています。誰ガ為として、新しいものとしてこのメンバーと作れたんじゃないかなと思っています」と自信を見せた。

012319_6.jpg

また、今泉が「ゲームは2次元の世界で、イメージもあると思うんですが、舞台は舞台として役者が乗るものだと思っているので『寄せるな、お前はお前でいい』と言ってきました」と現場で役者たちとしっかり対面してきた様子を明かすと、オライオン役の小笠原は「今泉さんの情熱があって、ここまでこれたと言っても過言ではない。僕らもそのパワーに引っ張られて、時にはみんなでお酒を飲みながらここまでやってこれたので、いい初日を迎えられるんじゃないかなと思っております」と充実の表情を見せる。

012319_24.jpg

三浦が演じるクウザは、舞台のオリジナルキャラクター。クダンの“かつての友”という役どころを「当初は、任侠感のあるキャラクターと考えていたんですが、稽古を重ねていく中で、粋(いき)な人物として作っていった方がいいのではないかという話になりました。それがちゃんと舞台上で表現できて、お客様に伝わればいいなと思います」。今泉曰く「三浦が演じる一番かっこいいクウザ」に仕上がったそうだ。

012319_27.jpg

そして「誰ガ為」と言えば、戦略性に富んだ3Dシミュレーションバトルも大きな魅力の一つ。舞台の殺陣はザイン役の中村が手掛けており、その見どころを「乱戦も多いんですが、皆さんが緻密に立ち位置を計算してやってくださっています。お客さんが見入るようにしたいと思い、ストーリーを重視した殺陣を考えてきました」という。

012319_29.jpg

最後に、開幕に向け今泉は「キャストはみんなアツいやつらばかりで、ゲームユーザーを裏切らず、みんなでディスカッションしてきたことがちゃんと伝わるものになっていると思います。とにかく僕は、僕は胸が熱くなるような芝居が好きです。それを目指して作ってきたので、舞台を初めて観る方も、舞台が好きな方も、今までとは違う体験をしていただけるんじゃないかと思います」、橘も「それぞれの正義、それぞれの誓いを胸に、この舞台を作り上げました。すべての意味において、舞台の隅から隅までじっくりご観劇いただけたら幸いです」と呼びかけた。

このほか、モンゼイン役として伊勢大貴、バシーニ役として山口大地、ヤウラス役として梅田悠、セーダ役として花奈澪、チハヤ役として石川志織らが出演。

012319_15.jpg

【あらすじ】
バベルの塔を臨む大地・バベル大陸にて――。
絶対正義の名のもとに、大陸の平和を守るために戦う「聖教騎士団」。突出した「錬金術」の才を持つ聖教騎士団の中でも、一際秀でた力を持つ、魔槍の黒騎士「クダンシュタイン」。彼は任務で駆けつけた地で、かつての友「クウザ」と再会する。

それは、まだ「ワダツミ」が平和な島国であり、クダンシュタインが駆け出しの聖教騎士であった頃・・・。遊学先のワダツミにて、クウザと出会ったクダンシュタイン。二人は親睦を深め、共に大陸の未来を語り明かす。だが、バベル大陸の歴史が語る通り、ワダツミは“獅子王”「オライオン」による侵略を受け、一夜にして滅亡する。
「正義を貫き、必ずおライオンを討ち果たさん」
無慈悲な殺戮からワダツミの民を守る為、ふたりは誓い――獅子王「オライオン」の軍勢に挑んだ。だが圧倒的な力を前に、ふたりが誓った未来は、あっけなく崩れ去る。
為す術もなく敗れた無力感は、力への飢えとなり、“彼”の心に、決して消えることのない深い「闇」を落とした――。

012319_13.jpg

誰ガ為のアルケミスト 舞台版『聖石の追憶』は、6月26日(水)から6月30日(日)まで東京・博品館劇場にて上演。上演時間は、約1時間40分(休憩なし)を予定。

【公式HP】https://tagatame-stage.jp/
【公式Twitter】@tagatame_stage

(C)誰ガ為のアルケミスト 舞台版「聖石の追憶」製作委員会

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

 

誰ガ為のアルケミスト 舞台版『聖石の追憶』

語られなかった、もう一つの「聖石」の物語

  • 公演:
  • キャスト:橘龍丸、花影香音、三浦海里、末永みゆ、遊馬晃祐、伊勢大貴、山口大地、梅田悠、花奈澪、石川志織、小笠原健、中村誠治郎
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 012319.jpg
  • 012319_2.jpg
  • 012319_3.jpg
  • 012319_4.jpg
  • 012319_5.jpg
  • 012319_6.jpg
  • 012319_7.jpg
  • 012319_8.jpg
  • 012319_9.jpg
  • 012319_10.jpg
  • 012319_11.jpg
  • 012319_12.jpg
  • 012319_13.jpg
  • 012319_14.jpg
  • 012319_15.jpg
  • 012319_16.jpg
  • 012319_17.jpg
  • 012319_18.jpg
  • 012319_19.jpg
  • 012319_20.jpg
  • 012319_21.jpg
  • 012319_22.jpg
  • 012319_23.jpg
  • 012319_24.jpg
  • 012319_25.jpg
  • 012319_26.jpg
  • 012319_27.jpg
  • 012319_28.jpg
  • 012319_29.jpg
  • 012319_30.jpg
  • 012319_31.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事