loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ココリコ遠藤、バッファロー吾郎竹若、ジャニーズJr.らで『トムとジェリー』を音楽劇に

012253.jpg
画像を全て表示(1件)

アニメ『トムとジェリー』が音楽劇として日本初舞台化されることが決まった。上演時期は、2019年8月から10月にかけて、名古屋・東京・大阪の3都市にて。『トムとジェリー』は、2020年で誕生80周年を迎え、舞台はこれを記念して上演される。音楽を手掛けるのは松任谷正隆。演出にはノゾエ征爾、脚本にはモトイキシゲキが起用された。

トム役は、遠藤章造(ココリコ)と竹若元博(バッファロー吾郎)がWキャストで演じる。遠藤は、これが舞台初出演。ジェリー役は、名古屋公演では松本幸大(宇宙Six/ジャニーズJr.)、東京公演では山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)、大阪公演では松崎祐介(ふぉ~ゆ~)が担当する。発表にあたり、5名から以下のコメントが届いた。

◆トム役(Wキャスト):遠藤章造(ココリコ)
舞台作品に出演経験がまったくないのですが、トム役として、お声がけいただき、大変光栄に思っております。周りの出演者の方と一緒に楽しい舞台を作っていきたいです!また、トムの表現力の豊かさがとてもユニークで好きです。『トムとジェリー』は、いつも些細なことでケンカをするが最終的に仲直りするところは、大人になった今でも自然に笑顔になれる作品だと思っております。

◆トム役(Wキャスト):竹若元博(バッファロー吾郎)
台詞もほとんどない愉快なだまし合いを、子どもの頃から兄妹でドタバタと真似っこして遊んでおりました。魅力的な動きや表情や音の演出に夢中になったものです!初の舞台化、そしてトムを演じるにあたり、無限に感じた様々な表現方法をキャスト・スタッフの皆様と一緒に体当たりで具現化し、最高の大暴れをお見せできればと思います。紙の様にペラペラになれる体作りもがんばります!

◆ジェリー役(トリプルキャスト・名古屋公演):松本幸大(宇宙Six/ジャニーズJr.)
『トムとジェリー』は幼い頃から大好きなアニメで、香港に住んでいた時はアニメチャンネルで一番見ていたアニメです。また、いたずら好きでチーズが好きなところなどジェリーと僕が似ている部分もあるので楽しみです。このようなお話をいただけてすごく嬉しいです!また、今回の作品では名古屋公演の後に東京公演があり、東京では同じ宇宙Sixのメンバーである山本亮太がジェリーを演じます。同じ役を同じ宇宙Sixのメンバーで繋げることが出来るのも特別なことだと思うので、とてもありがたく気合いが入っています!

◆ジェリー役(トリプルキャスト・東京公演):山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)
『トムとジェリー』が舞台化され出演することになり、ほんとに嬉しく、ニヤけました。と同時に、プレッシャーも感じました。今は何が何でもおもしろくしてやる!って気持ちでいます!各地ごとにジェリーが変わるという新しい形、3人それぞれのジェリーにもすごく楽しみにしています!アニメ『トムとジェリー』の中でのいたずらの仕掛けや仕返しのやり 取りがほんと好きです!ジェリーらしく、山本亮太らしくがんばりたいと思います!

◆ジェリー役:(トリプルキャスト・大阪公演):松崎祐介(ふぉ~ゆ~)
今までいろいろな役をやってきましたが、人生初のネズミ役でございます(笑)。最近『トムとジェリー』を見て、一人で爆笑しています。あの『トムとジェリー』のドタバタ劇は笑わずにはいられない。常に笑いに溢れ、時に泣かせにかかってくるけど、また笑いで締める!実は仲が良いところも素敵!この作品に自分が携わるにあたり、一人でも多くの方に『トムとジェリー』の世界観をお届けできたらと思っています。劇場でお待ちして松。

このほか、山下リオ、中島早貴、佐藤正宏(ワハハ本舗)、 稲葉光(MADE/ジャニーズJr.)、秋山大河(MADE/ジャニーズJr.)、寺西拓人(ジャニーズJr.)、おばたのお兄さん、もう中学生、渡辺大輝(ジャニーズJr.)、岸本慎太郎(ジャニーズJr.)、湖月わたる、緒月遠麻らの出演。さらに、榛葉昌寛、村田孝高、パク・ドンイル、安藤ゆかり、薮田瑞穂らオペラ歌手も加わり、音楽劇により一層の深みを加える。

物語は、『トムとジェリー』初期の短編作品の中から代表的なエピソードの一つ「夢よもう一度」をベースに、オーフェンバックの名作オペラ『天国と地獄』の要素を取り込む。アニメでおなじみの笑いや追いかけっこを彷彿とさせるダンス、音楽劇ならではの歌唱、甘酸っぱい恋愛シーンなど、様々な仕掛けを用意して、大人から子どもまで楽しめるものを目指す。

音楽劇『トムとジェリー 夢よもう一度』は、以下の日程で上演される。

【名古屋公演】8月3日(土)~8月11日(日) 御園座(名古屋)
【東京公演】9月12日(木)~9月16日(月・祝) Bunkamura オーチャードホール
【大阪公演】10月17日(木)~10月20日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

【出演】
トム:遠藤章造(ココリコ)、竹若元博(バッファロー吾郎)
ジェリー:松本幸大(宇宙Six /ジャニーズJr.)※愛知公演、山本亮太(宇宙Six /ジャニーズJr.)※東京公演、松崎祐介(ふぉ~ゆ~)※大阪公演

トゥードルス:山下リオ
タフィー:中島早貴

スパイク:佐藤正宏(ワハハ本舗)
タイク:稲葉光(MADE/ジャニーズJr.)※愛知公演、秋山大河(MADE/ジャニーズJr.)※東京公演、寺西拓人(ジャニーズJr.)※大阪公演

ブッチ:おばたのお兄さん、もう中学生
マッスル:渡辺大輝(ジャニーズJr.)
ジミー:岸本慎太郎(ジャニーズJr.)

神様(ゴッド):榛葉昌寛 ※オペラ歌手テノール
天国の裁判官(ジャッジ):村田孝高、パク・ドンイル ※オペラ歌手バリトン
キューピッド:安藤ゆかり、薮田瑞穂 ※オペラ歌手ソプラノ

天使ガブリエル:湖月わたる ※愛知・東京公演、緒月遠麻 ※大阪公演

須藤茉麻、櫻井紗季(東京パフォーマンスドール)、木原実優、踊り子あり、中薗菜々子、黒田こらん、まいど豊、海老澤健次、山口航太、滝寛式、優志 ほか

【あらすじ】
ジェリーを捕まえることに並々ならぬ情熱を注ぐが、おっちょこちょいでどこか憎めないネコのトム。そして、体は小さいが頭脳明晰なネズミのジェリー。ある日のこと、トムとジェリーは、いつものように仲違いしていたのだが、トムのもとに魅力的なメスネコが現れる。トムにとってはたまらない憧れの女の子「トゥードルス」であった。でもトムは、なかなかうまく愛を告白できないで困っている。そこへジェリーがやって来て、トムの情けなさに大笑い。トムはバカにされたと思い、腹を立てて、またもや喧嘩が始まる。ジェリーは逃げながら「弱いネズミをイジめるとその女の子にも嫌われるぞ、女の子は強くて優しい人に惹かれるのだ」と言い出した。トムは、その言葉に反応し、ジェリーから恋の手ほどきを受けることになる。そして、その憧れの「トゥードルス」に気持ちを伝えるが・・・。

【公式HP】https://www.musical-tomandjerry.jp/
【公式Twitter】@musical_TandJ

TOM AND JERRY and all related characters and elements (C) & ™ Turner Entertainment Co.(s19)

 

この記事の画像一覧

  • 012253.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事