loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

岡本貴也が密室オムニバス・コメディで描く愛『暗転セクロス』再び

012249.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年9月に東京、10月に大阪で、舞台『暗転セクロス』の上演が決定した。本作は、朗読劇『私の頭の中の消しゴム』や映画『想いのこし』などを手掛ける岡本貴也の作品。小劇場の濃密な空間を活かした密室のオムニバス・コメディとして男女の愛を描き、2013年の初演、2014年の再演と共に口コミで広がった。今回も、岡本自身が演出を手掛ける。

出演は、竹之内景樹、黒田愛香、沓掛龍一、金田瀬奈、中村悠希、師富永奈、加藤雅人、谷口敏也、片山日南、泉紫太朗、須貝汐梨(※オムニバス出演順)。このほか、ゲスト出演者あり。

舞台『暗転セクロス』は、以下の日程で上演される。チケットは、7月上旬より一般発売予定。

【東京公演】9月3日(火)~9月8日(日) 新宿村LIVE
【大阪公演】10月11日(金)~10月14日(月・祝) インディペンデントシアター2nd

【公式HP】http://jspro.jp/anten/

 

この記事の画像一覧

  • 012249.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事