loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『おとぎ裁判』第2弾はハーメルンの笛吹き男!出演に古谷大和、芹沢尚哉、東拓海ら

012154.jpg
画像を全て表示(1件)

『おとぎ裁判~第2審~』の上演が、2020年1月に決定した。『おとぎ裁判』は、2018年9月に初演。誰もが知っているおとぎ話を裁判にかけ、本当の真実を暴いていく“ジャッジメントSHOW”が繰り広げられる。

物語の舞台は、おとぎの国の奥深くにある“幻火(まほろび)の館”通称「Castle Torch(キャッスルトーチ)」。この屋敷の主・裁判官アケチのもとには、判決を求めるおとぎの国の住人たちが毎夜訪れる。灯火に照らし出されるのは、残酷で美しいたった一つの真実。おとぎの国で炙り出される“ゲンジツ”とは・・・?

物語の判決シーンでは、観客が会場でレンタルが可能なトーチ(ろうそく型ライト)を使い、劇中の判決に参加ができる「参加型ジャッジメントタイム」が話題となった。今作で裁かれるのは「ハーメルンの笛吹き男」。果たして、判決の行方は?!

原作・脚本は神楽澤小虎(MAG.net)、演出はキムラ真(劇団ナイスコンプレックス)、音楽は桑原まこ、振付は野田裕貴(梅棒)が手掛ける。

出演は初演に引き続き、アケチ役に古谷大和、ロブ役に芹沢尚哉、ジュード役に東拓海、メロディ役にロッキン=ヨーコ。このほかの情報は、続報を待とう。

なお、神楽澤による第1審(第1弾)の小説版が公開中。さらに、RakutenTVでは初演の舞台映像が配信されている。
小説URL:https://ncode.syosetu.com/n9920fl/
RakutenTV:https://tv.rakuten.co.jp/content/278179/

『おとぎ裁判~第2審~』は、2020年1月10日(金)から1月19日(日)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。

【公式HP】https://www.clie.asia/otogi/

(C)2019CLIE

 

この記事の画像一覧

  • 012154.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事