エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

【第73回トニー賞注目作品一覧】最多ノミネートは『ハデスタウン』

012133.jpg

2019年4月30日(火)日本時間の21:00過ぎ(現地8:30過ぎ)に、「第73回トニー賞」のノミネーションがブランドン・ビクター・ディクソンとビビ・ニューワースによって発表された。注目は、ミュージカル作品賞を含む13部門14ノミネートとなった『ハデスタウン』。演劇主演男優賞のアダム・ドライヴァーとブライアン・クライストンらが選出された。また、ミュージカル主演女優賞のケリー・オハラには2度目の受賞の期待がかかる。

最多ノミネートとなった『ハデスタウン』は、ギリシャ神話のオルフェウスとエウリディケの物語を現代化し、フォークオペラとして綴ったカントリーミュージシャン、アナイス・ミッチェルのコンセプトアルバムから発展したミュージカル。演出は2017年のトニー賞で最多12部門にノミネートされた『ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』のレイチェル・チャヴキンが手掛けた。

また、『トッツィー』『ビートルジュース』といった、1980年代の大ヒット映画をミュージカル化した作品もノミネートされている。1982年に公開された、ダスティン・ホフマン主演の同名コメディ映画に基づき現代風にアレンジした『トッツィー』は、ミュージカル作品賞など11ノミネート。また、ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演で1988年に公開された、同名ホラー・コメディ映画のミュージカル化作品『ビートルジュース』はミュージカル作品賞など8部門に選ばれている。

また、『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞の監督賞を受賞し『007スカイフォール』など映画監督としても知られるサム・メンデスが北アイルランド問題を描いた『ザ・フェリーマン』が、作品賞など演劇部門最多の9部門に名を連ねている。

主な注目作品のノミネーションは以下のとおり。

【ミュージカル部門】
『ハデスタウン』:13部門/14ノミネート
ミュージカル作品賞・主演女優賞・助演男優賞(2)・助演女優賞・演出賞・脚本賞・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞・オリジナル楽曲賞・振付賞・オーケストラ編曲賞

『エイント・トゥー・プラウド』:11部門/12ノミネート
ミュージカル作品賞・主演男優賞・助演男優賞(2)・演出賞・脚本賞・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞・振付賞・オーケストラ編曲賞

『トッツィー』:10部門/11ノミネート
ミュージカル作品賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞(2)・演出賞・脚本賞・衣装デザイン賞・オリジナル楽曲賞・振付賞・オーケストラ編曲賞

【演劇部門】
『ザ・フェリーマン』:9ノミネート
演劇作品賞・主演男優賞・主演女優賞・助演女優賞・演出賞・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞

『アラバマ物語』:9ノミネート
演劇主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・演出賞・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞・オリジナル楽曲賞

注目の授賞式は、6月10日(日本時間)、ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて行われる。なお、この模様はWOWOWにて生中継予定。

(写真:WOWOW提供『ハデスタウン』/Getty Images)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 012133.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る