loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

市川海老蔵×黒木瞳×森山未來で『オイディプス』英国のマシュー・ダンスターが日本初演出

012113.jpg
画像を全て表示(2件)

2019年10月に『オイディプス』の上演が決定した。本作は、海外戯曲の名作を国内外のクリエイターと共に創作するDISCOVER WORLD THEATREシリーズの第7弾。今回は、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人であるソポクレスの「オイディプス王」を翻案した作品を上演する。

翻案と演出を手掛けるのは、今回が日本での初演出作品となる英国のマシュー・ダンスター。ダンスターは、劇作家、俳優としても活躍する一方、最近では、映画『スリー・ビルボード』の監督・脚本で脚光を浴びたアイルランドの劇作家マーティン・マクドナーの舞台最新作『ハングメン』の初演を手掛け、ローレンス・オリヴィエ賞ベストディレクター賞にノミネートされた。

さらに、美術・衣裳は『危険な関係』(2017年)や『ナイツテイル』(2018年)のジョン・ボウサー、振付にはマシュー・ボーン『白鳥の湖』への出演経験もあるシャーロット・ブルームと、英国のクリエイターたちが集結。

主役のオイディプス役には、2020年に13代目市川團十郎白猿の襲名を控える市川海老蔵。海老蔵が現代劇に出演するのは2009年『海神別荘』以来、10年ぶり。そして、オイディプスの妻であり母という悲劇的な運命を背負う王妃イオカステには、黒木瞳。さらに、オイディプスに嘆願するコロスたちの中心となる神官には森山未來が決定した。

012113_2.jpg

発表にあたり、海老蔵、黒木、森山と翻案・演出のマシュー・ダンスターよりコメントが届いた。

◆市川海老蔵(オイディプス役)
シアターコクーンで歌舞伎以外の舞台に立つのは12年ぶりとなります。演出家のマシュ―・ダンスターさんをはじめ海外のクリエイターの皆様と作品創りをさせていただきますので、今から非常に楽しみにしております。以前から表現者として注目している森山未來さん、また映像や舞台で活躍されている黒木瞳さんをはじめ共演者の皆さんと一丸となって、今までにない『オイディプス』を誕生させたいと思います、ぜひご期待ください。

◆黒木瞳(イオカステ役)
市川海老蔵さんとご一緒できるなんて、夢のよう。オイディプス王の愛と哀しみと憎しみを一心に受け止めるイオカステになるようにと、思っています。森山未來さんとは、久しぶりの舞台での共演です。変幻自在の才能を持つ未來くんとご一緒できるのも楽しみの一つです。イオカステを演じる重責もさることながら、英国演劇界のクリエイターの方々と舞台をご一緒できる新しい『オイディプス』に参加できることを光栄に思っています。

◆森山未來(神官【コロスの中心人物】)
イギリス人であるマシュー・ダンスターの翻案と演出、伝統芸能の担い手の一人である市川海老蔵さんによって、古代ギリシャの物語「オイディプス」が日本の現在にどのような普遍性をもって蘇るのか。最前列にかぶりつきで見届けられることを、今から楽しみにしています。

◆マシュー・ダンスター(翻案・演出)
私にとっての、日本での、そして日本語という言語での最初のプロダクションをとても楽しみにしています。本当に素晴らしく特別なカンパニーの皆様にお集まりいただきました。演劇、歌舞伎、そしてダンスの世界から名高いパフォーマーの皆様が集まってくださるという、日本でしか実現できないであろうプロジェクトです。
そして、デザイナーのジョン・ボウサー、振付家のシャーロット・ブルームに私と一緒にロンドンから参加してもらうことも楽しみです。これまで私がこの二人のクリエイターと一緒に取り組み、一緒に楽しんできたスタイルやエネルギーをぜひ皆さんと共有したいと思っています。
こういったすべての要素を一つにあわせて、最も偉大な戯曲の一つである『オイディプス』を私たちの解釈で創っていくことで、非常に多くの学びがあると思います。
ソポクレスの傑作作品は残忍なまでの力を持っており、絶え間なくドラマティックで感情的です。観客の皆様にこの力をお届けし、そのドラマで皆様をワクワクさせ、その感情で皆様の心を動かすことができるように、私たちはベストを尽くします。

Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol.7『オイディプス』は、10月7日(月)から10月27日(日)まで東京・Bunkamuraシアターコクーンにて上演する。チケットは8月上旬より一般発売予定。

【あらすじ】
「父を殺し、母を娶るであろう」という恐ろしい予言から逃れるため、放浪の旅に出た古代ギリシャ・コリントスの王子オイディプス(海老蔵)は、旅先のテーバイで怪物スフィンクスを退治した英雄として請われ、王となる。
オイディプスは先王ライオスの妃イオカステ(黒木)を妻に迎え幸せな日々を送るが、ほどなくしてテーバイ中に疫病が蔓延する。神官(森山)を中心に、オイディプスに助けを求めるテーバイの市民たち。オイディプスは国を救うために神託に従い、先王殺害の犯人を捜すが、やがて明らかになるのは恐るべき真実だった・・・。
残酷で悲劇的な運命がオイディプスに襲いかかる――。

この記事の画像一覧

  • 012113.jpg
  • 012113_2.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事