エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

坂本昌行が女心を歌い上げる『ONE MAN STANDING 2019』開幕!V6の25周年へ向けた示唆も

012053.jpg

2019年5月22日(水)に東京・Bunkamura オーチャードホールにて、坂本昌行の『ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony』が開幕した。『ONE MAN STANDING』は、坂本自身初のミュージカルコンサートとして、2016年に第1弾を開催。待望の第2弾となる今回は、日本の女性シンガーのヒット曲を中心に、坂本自身が選び抜いた楽曲が披露される。

公開ゲネプロでは名曲の数々を伸びやかに歌い上げた坂本。オーチャードホールがすっかり板についた様子を“オーチャード坂本”と例えられると、「また立たせていただける・・・こんな幸せなことはないですね」と恐縮しながら囲み会見に登壇した。

(以下、一部セットリストに触れる記載があります)

今回のテーマは「All of Love」。舞台で様々な愛の形を表現してきた坂本が、歌を通して“女心”に向き合った。選曲をする上で、様々な楽曲と向き合った坂本は「昭和から平成、そして令和と、時代が変われば詩の内容も変わっていくんだ」ということを強く感じたという。

セットリストに多く含まれるのは、自らが多く耳にしてきた昭和の名曲。「いろいろ考えて、平成の明るい曲も・・・と思ったんですけど、しっとりとした昭和の楽曲を多く選びました」と明かした。今回は採用されなかったが、一時は大塚愛の「さくらんぼ」なども候補に上がっていたそうだ(それはそれで聞いてみたい)。最も気持ちが乗る曲を問われると「こんなストレートな歌詞は、なかなか男性からは歌えないので」と、高橋真梨子の「for you・・・」を挙げた。

音楽は、日々の生活や人の気持ちにそっと寄り添ってくれるもの。坂本は、名曲が生まれた頃を知る人には「当時の思い出や出来事を振り返ってもらうのも、今回の楽しみ方の一つなんじゃないかなと思います。僕が歌うのを聞くだけでなく、終わったあとにはご飯を食べて、カラオケに行っていただきたいですね」と提案。大胆なアレンジと共に、楽曲そのものを楽しんでもらいたいという思いをのぞかせた。

012053_2.jpg

そして、ミュージカルナンバーもお楽しみのひとつ。『TOP HAT』(2018年11月~12月)や、『THE BOY FROM OZ』(2005年・2006年・2008年)などからも楽曲が披露されるほか、映画『The Greatest show Man』のあの曲も・・・!

『The Greatest show Man』はまだミュージカル作品にはなっていないが、「どうしてもやらせてほしいとお願いして、入れさせていただきました」と坂本。さらに「いつか日本で(ミュージカルとして)やることがあったら、主演したいです。関係者の皆様、お願いします!衣裳もあります(笑)!」と立候補。「叶ったら最高ですが、そうでなくとも、いつかあの作品がミュージカル化したら幸せですね」と期待していた。

「皆さんが喜んでもらえるものを、皆さんの笑顔が見れるように」と、今回は自身が所属するV6の持ち歌も織り交ぜた。選んだのは、本人も「いつぶりに歌うんだろう?」と思ったというぐらい、ファンにとっては懐かしくてたまらない曲だ。「もしかしたら、知らない方もいるかも・・・。でも、そうしたら新曲なので」と、昔からのファンの方にも、新しくファンになった方にも“愛”を届けたいと語った。

012053_3.jpg

そして、自身の“愛”については「・・・僕のココ、空いてるです」とネタではぐらかせながらも、「メンバーに観に来てもらって埋めてもらうしか(笑)」とメンバーへ“愛”で見せる。V6は、今年の11月で結成25周年。「正直、僕らはなかなか(グループとして)活動する機会がなくて。25周年というのは、僕らががんばった結果というより、スタッフの皆さんが支えてくださり、ファンが応援してくださった結果だと思うんです。皆さんに“心からのありがとう”を伝えたい気持ちです」と言い、25周年に向けた活動について「いやいや・・・やるでしょう!これからの話ですけど。僕らまだまだ踊りたいですし、がんばっていきたいですね」と示唆していた。

張り裂けそうな愛から一途な想いまで。構成・演出は菅野こうめい、アレンジは服部克久(音楽監修・編曲)をはじめ、ボブ佐久間(ミュージックディレクター・指揮・編曲)に羽毛田丈史(編曲)らのアレンジした名曲に乗り、総勢45名のオーケストラと、コーラスとダンスのスペシャリストたちで結成された「MASA Friends」に支えられ、繊細な女心を坂本色に染め上げる120分。心ゆくまで、酔いしれて。

MASAYUKI SAKAMOTO『ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony』は、5月26日(日)まで東京・Bunkamura オーチャードホールにて開催。

【公式HP】https://www.s-oneman2019.com/

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony

作品情報ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony

  • 公演:
  • キャスト:坂本昌行

この記事の画像一覧(全3枚)

  • 012053.jpg
  • 012053_2.jpg
  • 012053_3.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る