エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

AERAが「2.5次元の進化」を特集!荒牧慶彦が“荒牧流”を語るインタビューも

012011.jpg

2019年5月20日(月)発売の「AERA(アエラ)」(朝日新聞出版・2019年5月27日号)で「2.5次元の進化」が特集される。合わせて、荒牧慶彦のインタビューや舞台『BACKBEAT』に出演するA.B.C-Z戸塚祥太らの取材記事も掲載。

2003年に誕生したミュージカル『テニスの王子様』(通称:テニミュ)をきっかけに、ファンの間で自然発生的に生まれた「2.5次元」という言葉は、2次元の漫画・アニメ・ゲームを原作とする3次元の舞台コンテンツの総称。

日本2.5次元ミュージカル協会の代表理事で、テニミュやミュージカル『刀剣乱舞』(通称:刀ミュ)のプロデューサーでもある松田誠は、2.5次元の魅力を「魔法」だと話す。「好きなキャラクターが目の前に表れて、時には舞台から降りて客席までやってくる。その風を感じた瞬間、魔法にかけられたような気持ちになるのではないか」と。いまや市場規模150億円以上とも言われるようになったこの「2.5次元の進化」を、「AERA」が紐解く。

また「好きな2.5次元俳優ランキング」(オリコンニュース調べ)で2位に輝いた荒牧のインタビューでは、役作りの一端などが語られている。まず考えるのは、演じるキャラクターの歩幅やクセ、服装・・・食事中もキャラクターの衣装で過ごすなど、自分の中に落とし込んだ上で舞台に臨むのが“荒牧流”。舞台を務めるたびに訪れる「作り上げてきてよかった」と思う瞬間についてなども話しているとのこと。

さらに、創成期のビートルズを描く舞台『BACKBEAT』に出演するA.B.C-Zの戸塚、加藤和樹、ふぉ~ゆ~の辰巳雄大らキャストインタビューも慣行。伝説的バンドを演じるためにイギリス・リバプールを訪ねたエピソードや、キャストが徐々に「バンド」になっていく過程について語り合う彼らの様子が、3ページに渡って掲載。

巻頭特集は「走るより1日8000歩」、表紙は嵐のライブ「ARASHI Anniversary Tour 5×20」で一部演出も務める「チームラボ」の代表・猪子寿之が飾っている。

◆書誌情報
「AERA(アエラ)」2019年5月27日号
【発売日】2019年5月20日(月)
【定価】390円(税込み)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 012011.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る