エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『デスノートTHE MUSICAL』夜神月役のWキャストは甲斐翔真!掴み取った初舞台

011960.jpg

2020年1月に上演される『デスノートTHE MUSICAL』にて、応募総数2,416名の主役オーディションの結果、夜神月役のWキャストとして甲斐翔真が選出された。甲斐は、2016年『仮面ライダーエグゼイド』でデビュー。舞台未経験ながら、オーディションで見せた真っ直ぐかつエネルギー溢れる歌声と演技が高く評価され、今回の起用が決定したという。

以下、甲斐のコメントを紹介。

◆甲斐翔真(夜神月役 ※Wキャスト)
『デスノート THE MUSICAL』で初舞台を踏ませていただきます。素晴らしいキャストの皆さんとご一緒させていただけることを心より嬉しく、光栄に思うと同時に、この大きな舞台に立たせていただく興奮と不安が、同時に押し寄せております。
もともとミュージカルが大好きで、いつか自分も舞台に立ちたいと強く思っていたので、今作品のオーディションを絶対に決めたい!!と臨みました。プレッシャーもありますが、 栗山さんのご指導のもと、とにかく公演に向けて日々鍛錬していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

『デスノート THE MUSICAL』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載されていた大ヒット漫画(原作:大場つぐみ、漫画:小畑健)を、日本発の世界へ向けたオリジナルミュージカルに仕上げたもの。ブロードウェイの作曲家フランク・ワイルドホーン、日本を代表する演出家・栗山民也、グラミー賞受賞のジェイソン・ハウランドのコラボレーションで、2015年の世界初演を皮切りに、日本国内のみならず、ライセンスの輸出による韓国版公演、さらには日本人キャストによる海外公演なども行われてきた。

2020年の上演版は、オール新キャストになることが告知されており、夜神月役のWキャストを村井良大、L(エル)役を高橋颯、弥海砂役を吉柳咲良、夜神粧裕役を西田ひらり、レム役をパク・ヘナ、リューク役を横田栄司、夜神総一郎役を今井清隆が務めることが発表されていた。

『デスノート THE MUSICAL』は、2020年1月に東京・東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて上演される(※地方公演の予定あり)。

【公式HP】https://horipro-stage.jp/stage/deathnote2020/
【公式Twitter】@dnmusical
【公式Instagram】@dnmusical

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 011960.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る