エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

橘ケンチは中禅寺秋彦役に『魍魎の匣』内田朝陽、北園涼、高橋健介ら第2弾キャスト&配役発表

011881.jpg

2019年6月から7月にかけて舞台化されることが決定していた京極夏彦の『魍魎の匣』。EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチが主演を務めることが分かっていたが、新たに第2弾キャストとして内田朝陽、高橋良輔、北園涼、高橋健介、紫吹淳、西岡徳馬の参加が明らかに。気になる配役も発表された。

『魍魎の匣』は、戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、癖のある魅力的な登場人物たちと、民俗学や論理学、妖怪など様々な分野の薀蓄(うんちく)がぎっしりと詰め込まれた不思議な世界観で、多くのファンを獲得している京極夏彦の大人気小説「百鬼夜行シリーズ」。その中でも最高傑作の呼び声高い1作だ。舞台の脚本は畑雅文、演出は松崎史也が担当する。

橘が演じるのは、古書店「京極堂」の店主であり、神主にして陰陽師、“憑物落とし”を副業にする中禅寺秋彦。内田は元職業軍人で戦後に東京警視庁の刑事となった木場修太郎、高橋良輔は中禅寺の学生時代からの友人で、鬱気味の冴えない小説家・関口巽。

そして北園は、眉目秀麗、頭脳明晰な上に旧華族の生まれという一見非の打ちどころのない人物ながら、天衣無縫な変人で「推理をしない」探偵・榎木津礼二郎。高橋健介は三流雑誌「月刊實録犯罪」の編集記者兼カメラマン・鳥口守彦。紫吹は「美波絹子」の名で女優として活躍するも、人気絶頂で突然引退した柚木陽子。西岡は医師であり「美馬坂みまさか近代醫學研究所」の所長・美馬坂幸四郎という配役になった。

舞台『魍魎の匣』は6月21日(金)から6月30日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて、7月4日(木)から7月7日(日)まで兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobeにて上演される。チケットは、5月19日(日)10:00より一般発売開始。

なお、4月26日(金)15:00から4月29日(月)23:00まで公式サイト先行(抽選)が実施される。
受付URL:ローソンチケット https://l-tike.com/st1/official-mouryou

【公式HP】https://www.nelke.co.jp/stage/mouryou/
【公式Twitter】@stage_mouryou

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 011881.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る