エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『最遊記歌劇伝-Darkness-』鈴木拡樹らが演じる三蔵一行のビジュアルを公開

011829.jpg

2019年6月に上演を控える『最遊記歌劇伝-Darkness-』より、第1弾キャラクタービジュアルが公開された。お披露目となったのは、玄奘三蔵役の鈴木拡樹、孫悟空役の椎名鯛造、沙悟浄役の鮎川太陽、八戒役のさいねい龍二、三蔵一行4名のビジュアル。 さらに、好評につき6月10日(月)14:00公演が追加公演として決定したほか、蒼真道士役と全アンサンブルキャストも発表された。

蒼真道士役を演じるのは、坪内悟。アンサンブルキャストとして出演するのは、河城英之介と川口空汰(Wキャスト)、山下潤、中西奨、森田龍、是澤洋文、菅山望、轟大輝、小島飛鳥、竹本太朗、森川大輝、深澤悠斗(坪内はアンサンブルとしても参加)。

『最遊記歌劇伝』とは、峰倉かずやの人気漫画「最遊記」(一迅社刊)原作としたシリーズで、2008年に初舞台化。この『最遊記歌劇伝-Darkness-』に続き、『最遊記歌劇伝-Oasis-』が2020年早春に上演されることも決定している。脚本・演出は三浦香。八戒役は2014年以降の作品では藤原祐規が演じてきたが、本作のみ、初演キャストのさいねいが限定復活を果たす。

『最遊記歌劇伝-Darkness-』は、6月6日(木)から6月14日(金)まで東京・ヒューリックホール東京にて上演される。

【公式HP】https://www.clie.asia/saiyukikagekiden/dn/
【公式Twiiter】@saiyuki_kgkdn

(C)峰倉かずや・一迅社/最遊記歌劇伝旅社 2019

 

(文/エンタステージ編集部)

最遊記歌劇伝-Darkness-

作品情報最遊記歌劇伝-Darkness-

  • 公演:
  • キャスト:鈴木拡樹、椎名鯛造、鮎川太陽、さいねい龍二、法月康平、成松慶彦、うじすけ、唐橋充、ほか

この記事の画像一覧(全5枚)

  • 011829.jpg
  • 011829_2.jpg
  • 011829_3.jpg
  • 011829_4.jpg
  • 011829_5.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る