loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

松本零士の『スタンレーの魔女』10年以上の時を越えて御笠ノ忠次が再び舞台に

011813.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年夏に、『スタンレーの魔女』の上演が決定した。原作は「銀河鉄道999」などを生み出してきた松本零士の作品(ザ・コクピットシリーズに収録)。舞台としては、2006年9月スペースノイドが初上演し、2008年12月に脚本・演出家の御笠ノ忠次のユニット「サバダミカンダ」の旗揚げ公演として上演されている。

松本零士が生んだ哀切の戦記ロマン短編集の中でも、最も有名で、名作中の名作と言われる本作に、10年以上の歳月を超えて、御笠ノが再び挑む。

主演キャスト(男性)は、プロ・アマ問わない公募オーディションを行って決定するとのこと。オーディションは、近日中に公式HPから参加申込が可能となる予定だ。

【あらすじ】
「無念の涙をのんでひきかえす私が、ふと、ふりかえった時・・・。山が笑っていた」
太平洋戦争中、ニューブリテン島のラバウルを飛び立った日本軍爆撃隊。海を渡り、標高 5千メートル級の山々を湛えたニューギニア島のスタンレー山脈を越えて、連合国軍基地のあるポートモレスビーを目指す。
その中の一機が最後に挑んだ頂とは・・・。

『スタンレーの魔女』は、2019年夏に上演予定。日程などの詳細は、続報を待とう。

【公式HP】https://www.marv.jp/special/stanley-stage/

(C)松本零士/小学館 (C)『スタンレーの魔女』製作委員会

 

この記事の画像一覧

  • 011813.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事