エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

古き良き世界観――音楽劇『ライムライト』開幕を控え石丸幹二、実咲凛音、矢崎広のコメント到着

011748.jpg

2019年4月9日(火)に東京・シアタークリエにて、音楽劇『ライムライト』が開幕する。本作は、1952年に製作されたチャールズ・チャップリン監督の同名映画を減原作とした作品で、舞台人の儚い宿命と残酷なまでに美しい愛をノスタルジックに描いた愛の物語。上演台本を大野裕之、演出を荻田浩一が手がけ、2015年に初演されている。

【あらすじ】
かつて一世を風靡した老芸人は、人生を悲観し自殺を図った若いバレリーナを助け、再び舞台に立たせる。しかし、スターに上りつめる彼女と入れ替わるように、老芸人は人生の舞台から退場しようとしていた――。

011748_2.jpg

今回の再演では、石丸幹二が老芸人・カルヴェロ役に再び挑戦。さらに、新キャストとしてヒロインのバレリーナ・テリー役には実咲凜音(初演は野々すみ花)、テリーに想いを寄せる作曲家・ネヴィル役には矢崎広(初演は良知真次)が参加している。

再演の開幕に向け、石丸、実咲、矢崎よりコメントが届いた。

◆石丸幹二(カルヴェロ役)
チャップリン生誕130周年という記念の年に再演でき、非常に嬉しいです。今回、新しいキャストが加わりました。また演出も、初演とは特に一幕がだいぶ変わりました。したがって、キャスト全員が初演のような気持ちで初日に向けて仕上げてきました。チャップリンの小説からのシーンや、チャップリン作曲の新曲など、映画にはない要素も入り、舞台版ならではの魅力が存分にあります。この『ライムライト』が日本で根づいていけるようにがんばりたいと思っています。ぜひ、ご期待ください。

011748_3.jpg

◆実咲凛音(テリー役)
私は今回初めて『ライムライト』に出演させていただきまして、バレリーナ役をさせていただけることは光栄です。ただ、バレエの技術を見せるということだけではなく、テリーがどういう踊り手なのかというところまで表現できるようにがんばりたいと思っています。『ライムライト』という作品は演じていてもすごく良い作品だなって毎回思うんです。お客様には、ぜひこの古き良き世界観の『ライムライト』にのめり込んで観ていただきたいですし、私自身も集中して役と向かい合って、約1ヶ月後の大千秋楽までがんばりたいと思います。あと個人的にはまた日比谷の地に戻ってこられたなという気持ちがあります。ホーム感といいますか「ただいま」という気持ちですね。

◆矢崎広(ネヴィル役)
今回初参加でしたが、初演のキャストの方々がいてくださるのは心強かったですし、それに加えて、また一から新しいものを作ろうということで演出の荻田さんをはじめ、一丸となって新しい『ライムライト』を作ってきたなという印象が強いです。物語自体はしっとりとした作品ですけれど、中にある情熱であったり、愛の物語であったり、一人一人の個性豊かなキャラクターなどいろいろな面で楽しめる作品になっていると思います。初演よりも色濃く鮮やかになっていると僕自身思いますので、ぜひ楽しみに来ていただけたらなと思います。

このほか、吉野圭吾、植本純米、佐藤洋介、舞城のどか、保坂知寿らが出演。

011748_4.jpg

音楽劇『ライムライト』は、4月9日(火)から2019年4月24日(水)まで東京・シアタークリエにて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

音楽劇『ライムライト』

作品情報音楽劇『ライムライト』

音楽劇『ライムライト』が新キャストを迎えて再演!

  • 公演:
  • キャスト:石丸幹二、実咲凜音、矢崎広、吉野圭吾、植本純米、保坂知寿、佐藤洋介、舞城のどか

この記事の画像一覧(全4枚)

  • 011748.jpg
  • 011748_2.jpg
  • 011748_3.jpg
  • 011748_4.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る