loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『BLUE/ORANGE』成河、千葉哲也、章平が見せる三者三様の“色”

011699.jpg
画像を全て表示(7件)

2019年3月29日(金)に東京・DDD青山クロスシアターにて、『BLUE/ORANGE』が開幕した。本作は、2000年にイギリスで発表されたジョー・ペンホールの作品。日本では2010年に初演されている。初日前にはフォトコールと囲み会見が行われ、演出。演出も兼ねる千葉哲也と、成河、章平が登壇した。

011699_4.jpg

【あらすじ】
ロンドンの精神病院。境界性人格障害のため入院していたアフリカ系の青年クリス(章平)は、研修医ブルース(成河)による治療を終えて退院を迎えようとしている。しかしブルースには気がかりなことがあり、退院させるのは危険だと主張していた。上司のロバート医師(千葉)は、それに強く反対。高圧的な態度で彼をなじる。納得のいかないブルースは、クリスへの査定を続け、器に盛られたオレンジの色を問う。
彼はその色を「青い」と答えた――。

011699_3.jpg

千葉と成河は、故・中嶋しゅう氏と共に2010年の日本初演にも出演。その際は、千葉がブルース役、成河がクリス役を演じた。その年、成河は本作などでの成果により第18回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞している。今回は、クリス役に章平を迎え、ブルース役に成河、ロバート役に千葉という配役、さらに小川絵梨子による新訳で、約9年ぶりに再び幕を開けることとなった。

011699_6.jpg

「あまり初日を迎える実感がない」という千葉と成河。「まだなんとも・・・どうなることやら(笑)。当たって砕けろという感じで、お客さんと一緒に楽しめればと思います」という千葉に、成河は「ずっと稽古をしている感じ。たぶん、これは千秋楽までずっとかも。観に来て、いろいろ知恵を貸してください(笑)」と続いた。初参加の章平は「不安がない不安というか・・・初めての感覚です」と言葉に言い表せない心境を吐露。

011699_2.jpg

初演に続き、出演と演出を兼ねる千葉だが「2週間前ぐらいから役者モードに入っているので、あんまり演出家モードじゃないかも」と笑う。稽古場では、「俳優が持ち出してくるものを整理するのが演出家」というスタンスの千葉のもと、成河曰く“噛みごたえのある脚本”について厚く話し合いを重ねてきたようだ。

3人の関係は、膨大な台詞の中で、万華鏡のように変化していく。誰かが悪で、誰かが正義ではない。成河は「共感の仕方は様々だと思います。誰かに肩入れして観ることになるとは思いますが、見えるものは三者三様。今日は誰に肩入れしてしまった、というように、日々違う芝居になったらいいなと思います」と語った。

011699_5.jpg

初演を経験した千葉と成河に、絶大な信頼を寄せる章平。「僕が何をやっても(シーンを)成立させてくださるので、安心感しかないです」という章平の言葉を、前回同役を演じた成河は「(役が変わって)この立場になったからこそ、クリスという役は自由であればあるほどいい。ダメが一つもなくていい。自分も言われてきたことが、稽古をしながら明らかに分かりました」と噛み締めた。

最後に、章平は「精神病院が舞台ですが、(登場人物)3人の関係性はどこにでもあるものだと思います。観劇後に議論するのもいいし、自分なりに噛み砕いて考えてもいいし、そういう楽しみ方をしていただけたらと思います」、成河は「エンターテインメントというものは“考えることをやめるためのもの”ではなく、“考える方法を育むためにあるもの”だと思います。この作品は、まさにそういう作品。結果がどうであれ、人ってこんなにおもしろおかしく物事を考えられるんだよ、ということを提示したいです」、千葉は「ここから長い旅が始まります。客席との距離感が密なこの空間で、大きな劇場とはまた違った生々しさを体験できるのでは」と、それぞれメッセージをおくった。

011699_7.jpg

客席は対面式。千葉は本作を「のぞき見の芝居」と表現した。俳優たちの呼吸を感じられるほどの距離で、シーソーゲームのように行ったり来たりする会話劇をじっくりと観ることができる。

感情の起伏が激しく危うさをはらむクリス役を自由に演じる章平、真面目すぎる熱さと真面目すぎる危険さを感じさせるブルース役を表現する成河、「硬」を「柔」で受け止め場に溶かしていくロバート役を演じる千葉の軽妙さ。三者三様の紡ぐ膨大な台詞は、きっと日ごとの体温で“色”を変えることだろう。

『BLUE/ORANGE』は、4月28日(日)まで東京・DDD 青山クロスシアターにて上演。上演時間は、1幕90分、休憩15分、2幕65分の計2時間50分を予定。

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

BLUE/ORANGE

初演とは配役を変えて再演!

  • 公演:
  • キャスト:成河、千葉哲也、章平
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 011699.jpg
  • 011699_4.jpg
  • 011699_3.jpg
  • 011699_2.jpg
  • 011699_5.jpg
  • 011699_7.jpg
  • 011699_6.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事