エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

人気アニメのものまね芸人と陳内将ら俳優陣がコラボ『劇団アニメ座ハイブリッド』レポート

011619.jpg

アニメ『機動戦士ガンダム』の主人公“アムロ・レイ”の物まね芸人でおなじみの若井おさむが座長を務める「劇団アニメ座」が、舞台俳優たちとタッグを組んで本格芝居に取り組む公演の第2弾『劇団アニメ座ハイブリッド~めぐりあい・舞台~』が、2019年3月21日(木・祝)から上演されている。

011619_2.jpg

011619_7.jpg

物語の舞台は、アニメ座のメンバーがたどり着いた日本の江戸時代にそっくりな星“ヤマトジャポネ”。アニメ座メンバーは、そこで雲のように自由に生きる男・勘三郎(陳内将)に出会う。彼は剣を置き、仕事をせず、飲んで歌うだけの生活を送っていた。時を同じくして、彼と幼なじみで同じ剣術道場で育った壮蔵(久保田秀敏)とその弟子・兼芳(富永勇也)も、偶然にアニメ座のメンバーと出会う。

011619_10.jpg

そんな中、剣術道場の師匠である角之進(寿里)が久々に勘三郎の前に現れ、壮蔵と御前試合をするので見に来てほしいと申し出るが、勘三郎の弟子のおバカな弥七(井深克彦)が角之進にケガを負わせてしまう。その弥七の責任を取る形で、勘三郎と壮蔵は、御前試合をすることに・・・。

011619_5.jpg

・・・と、物語は至極真っ当に進むが、そこに絡むのは癖がありすぎるアニメ座の面々。突如飛び出てくる人気の有名キャラたちに扮した芸人たちがアニメの名シーンを再現したり、名言を放ち天津向がすべてを拾い上げてツッコんだりと、オリジナリティしかない展開になっていく。

011619_11.jpg

中でも俳優チームを巻きこんだ「10回ゲーム」や、“デスノート”に名前と無茶ぶり、死亡時刻を書かれて追い込まれる恐怖の時間や、御前試合を前に行われる「御前余興」では2チームに分け、五七五をそれぞれが担当して俳句を作るという大喜利コーナーも。

余興が終わると、一気にお芝居モードへと全員のスイッチが入り、俳優たちの本領発揮。華麗な殺陣シーンでは、応援する芸人たちと観客の心が一つに。

011619_8.jpg

見どころは、芸人と俳優の作り出す化学反応。芸人が特技とする瞬発力と機転で思いっきり笑わせてくれたかと思えば、俳優がお芝居でたっぷりと魅せてくれる。芸人と俳優たちが真剣に芝居し、真剣にふざけるまさに“ハイブリッド”な内容となっていた。

『劇団アニメ座ハイブリッド ~めぐりあい・舞台~』は、3月26日(火)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演。

【出演】
俳優:陳内将、久保田秀敏、寿里、井深克彦、富永勇也
ゲスト出演:溝口琢矢(3月23日、3月24日のみ)

芸人:若井おさむ、天津向、キャベツ確認中、石川ことみ、こりゃめでてーな伊藤、セブンbyセブン玉城、R藤本、桜 稲垣早希、ガーリィレコード、アイデンティティ
※石川ことみ:3月21日(木・祝)出演なし
※こりゃめでてーな伊藤:3月25日(月)出演なし
※アイデンティティ:3月21日(木・祝)、3月25(月)、3月26日(火)のみ出演

【公式HP】http://www.syumatsu.jp/pc/2019/03/animezahybrid2-20190321-26.php

(文/吉田可奈、編集/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

砂岡事務所プロデュース ミュージカル『Re:Trigger』

作品情報砂岡事務所プロデュース ミュージカル『Re:Trigger』

―引き金は、君の手のナカ。

  • 公演:
  • キャスト:白服、二番煎じ、とみたけ、にーちゃん、あおい、 気まぐれプリンス、フォーゲル、ノックソ、野崎弁当、ぜあらる。、 え~すけ、さっさー、藤田峻平、近藤大介

この記事の画像一覧(全13枚)

  • 011619.jpg
  • 011619_2.jpg
  • 011619_10.jpg
  • 011619_7.jpg
  • 011619_5.jpg
  • 011619_11.jpg
  • 011619_8.jpg
  • 011619_3.jpg
  • 011619_4.jpg
  • 011619_6.jpg
  • 011619_9.jpg
  • 011619_12.jpg
  • 011619_13.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る