loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

タイトルも一新?深澤大河、横井翔二郎、和合真一らで『ハンサム落語』新体制に

011609.jpg
画像を全て表示(1件)

古典落語を若手実力者が演じ、落語で引き付け、声で聞かせ、演技力で魅了する『ハンサム落語』。このほど同シリーズの新作が2019年7月より上演されることが明らかになった。

本作は「二人一組」の掛け合いで行う独自のスタイルが人気のシリーズ作品。演出・脚色は初演より引き続き、なるせゆうせいが務める。

出演者はシリーズ初参加の深澤大河、横井翔二郎、そして第九幕より引き続き出演の和合真一が決定。なお、今作からは新体制となり、タイトルも一新されるとのこと。追加キャストやチケット情報などは、公式ホームページなどで随時発表される。

『ハンサム落語』〇〇(仮)は7月20日(土)から7月31日(水)まで東京・赤坂RED/THEATERにて上演される。

【公式サイト】https://www.clie.asia/newhr/
【Twitter】@clie_seisaku

この記事の画像一覧

  • 011609.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事