エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

藤岡正明、皆本麻帆らで新作ミュージカル『いつか~one fine day』4月11日から

011593.jpg

2019年4月11日(木)より、新作ミュージカル『いつか~one fine day』が上演される。本作は、『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!』『In This House~最後の夜、最初の朝~』ミュージカル『深夜食堂』などをプロデュースしてきたconSeptが初めて打ち出すオリジナルミュージカル作品。

イ・ユンギ監督『One Day』(2017年/主演:キム・ナムギル、チョン・ウヒ)をベースに、板垣恭一の脚本・作詞・演出が新たな解釈で舞台化。音楽は、桑原まこが手掛け、人生の中で誰もが一度は向き合うことになる瞬間の物語を、生演奏と共に届ける。

出演は、藤岡正明、皆本麻帆、佃井皆美、和田清香、荒田至法、入来茉里、小林タカ鹿、内海啓貴。

【あらすじ】
保険調査員のテル(藤岡)は後輩・タマキ(内海)の担当だった仕事を引き継ぐよう新任の上司・クサナギ(小林)から命じられる。それは交通事故で植物状態の女性・エミ(皆本)の事故の原因を調べるというもの。しかし、エミの代理人・マドカ(佃井)と友人・トモヒコ(荒田)は調査に非協力的で敵対。仕事が進まない中、病死した妻・マキ(入来)のことをまだ整理できずにいるテルに声をかけてきたのは、意識がないはずのエミだった。にわかには信じがたいと思いながらも、自分にしか見えないエミと交流を重ねるうちに、事故の陰に幼い頃にエミを捨てた消息不明の母親・サオリ(和田)の存在が浮かび上がってくる・・・。

ミュージカル『いつか~one fine day』は、4月11日(木)から4月21日(日)まで東京・シアタートラムにて上演される。4月14日(日)16:30公演と4月17日(水)14::00公演は、手話通訳付きのアフタートーク付き。

このほか、聴覚障害者用字幕席対応公演や、カルチベート・チケット対象公演(学生無料チケット・枚数限定)などがある。詳細は、公式HPにてご確認を。

【公式HP】https://www.consept-s.com/itsuka
【公式Twitter】@consept2017

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 011593.jpg
  • 011593_2.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る