エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

中川晃教、加藤和樹ら出演ミュージカル『怪人と探偵』ビジュアル公開

011553.jpg

森雪之丞と白井晃がタッグを組んだ新作ミュージカル『怪人と探偵』が2019年9月より上演されるが、このほど新ヴィジュアルと演出の白井晃、作・作詞・楽曲プロデュースの森雪之丞よりオフィシャルコメントが到着した。

本作は、江戸川乱歩が生み出した、日本文学史上最も有名な二人である大怪盗・怪人二十面相と名探偵・明智小五郎を主人公に、『少年探偵団 シリーズ』など乱歩作品に登場するキャラクターたちが、騙し騙される華麗な対決を繰り広げる、新作ミュージカル。テーマ音楽は東京スカパラダイスオーケストラが手掛けている。

キャストには中川晃教、加藤和樹、大原櫻子のほか水田航生、フランク莉奈、今拓哉、樹里咲穂、有川マコト、山岸門人、中山義紘、石賀和輝、高橋由美子、六角精児らが名を連ねている。

◆森雪之丞(作・作詞・楽曲プロデュース)
『怪人と探偵』は、僕が脚本から立ち上げたミュージカルの3作目に当たります。2作目の『SONG WRITERS』が好評だったお蔭で凄まじい熱が僕の中に生まれ、2014年には既に1幕を書き上げていました。乱歩さんが産み出した二十面相と明智には、“光と影”“情熱と沈着”“悪徳と正義”“欲望と理性”といった相対するモノすべてを比喩させることができます。

こんな にミュージカルに適した逸材にどうして誰も気づかないんだろう!と、白井さんを口説いたあの 夜から早5年、準備に時間をかけた甲斐あって、最高に魅惑的なキャストと俊英なスタッフが揃いました。スカパラのテーマ曲も“昭和モダニズム”に溢れて御機嫌です。日本発、日本ゆえのオリジナル・ミュージカル、どうぞ御期待ください。

◆白井晃(演出)
森雪之丞さんから「江戸川乱歩を題材にしたオリジナルミュージカルを創りたい。」というお話を聞いた時「その手があったか!何故今までこの題材が扱われて来なかったんだ。」と大興奮したのを覚えています。それほどまでに「怪人と探偵」はスリルとサスペンスに富んだ、まさに日本発のミュージカルにぴったりの内容なのです。ワクワクする魅力的なキャストと東京スカパラダイスオーケストラのテーマ曲に乗って、ドキドキするようなミュージカルに仕上げたいですね。

ミュージカル『怪人と探偵』は9月14日(土)から9月29日(日)まで神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場にて、10月3日(木)から10月6日(日)まで兵庫・兵庫県立芸術文化センターにて上演される。

【公式サイト】http://www.parco-play.com/s/program/kaijintotantei/

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 011553.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る