エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

松下優也&平間壮一がすれ違う双子の兄弟を表現『黒白珠』ビジュアル公開

011539.jpg

2019年6月から7月にかけて上演される舞台『黒白珠(こくびゃくじゅ)』より、ティザービジュアルと追加キャストが発表された。本作は、青木豪が書き下ろし、河原雅彦が演出を手掛ける新作公演。1990年代の長崎を舞台に、同じ刻に生を受けた双子の兄弟が、家族を愛しながらも愛に飢え、さながら聖書のカインとアベルのように、葛藤とすれ違いの中で紡がれてゆく人間ドラマを描く。

双子の兄役には松下優也、双子の弟役には平間壮一。公開されたビジュアルでは、黒いスーツに身を包んだ松下と白いスーツ姿の平間が、背中を合わせ、こちらに向けていわくありげな視線を送っている。

また、松下と平間に加え、清水くるみ、植本純米、村井國夫、高橋惠子、風間杜夫の出演がすでに発表されていたが、新たに追加キャストとして平田敦子、青谷優衣の参加が発表された。

舞台『黒白珠』は、6月7日(金)から6月23日(日)まで東京・Bunkamura シアターコクーンにて上演される。その後、兵庫、愛知、長崎、久留米を巡演。日程の詳細は、以下のとおり。

【東京公演】6月7日(金)~6月23日(日) Bunkamura シアターコクーン
【兵庫公演】6月28日(金)~6月30日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【愛知公演】7月6日(土)・7月7日(日) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【長崎公演】7月10日(水) 長崎ブリックホール
【久留米公演】7月13日(土)・7月14日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール

なお、cubit club(キューブメルマガ会員)にて全公演の主催者最速先行チケット予約を3月18日(月)12:00まで受付中。その後、各プレイガイド先行を経て、4月21日(日)に東京の一般チケット発売開始。

【あらすじ】
1990年代、長崎・佐世保。信谷大地(風間)は、真珠の加工・販売会社を経営していた。長男の勇(松下)は高校中退後、仕事を継ぐべく父の会社で働いていた。花苗(清水)という恋人がいる。勇の双子の弟・光(平間)は、長崎の大学に入学したが、仮面浪人をして東京の名門大学を目指したいと言い出し、父は後押しを約束した。大地は、いずれ会社の経営面を、勇ではなく光に任せたいとすら思うほど、光に期待を寄せていた。勇は、自分と双子の弟の光があまり似ていないことや、光を偏愛する父への焦燥も相まって、いつの頃からか自分の出自についてある疑念を抱き始める。

勇と光は、母の事をほとんど知らない。

まだ二人が幼い頃に、母は信谷家を出て行き、その後の消息は聞かされていなかった。母・純子(高橋)は、信谷家を出た後、長崎市で不動産屋経営をし、それなりに成功をしていた。
そんなある日、不動産屋に1人の客が訪れる。それは奇しくも、大学に通うため一人暮らしのアパートを探しに来た光だった。

大地は知人から「真珠の養殖業から手を引くので会社を買い取ってくれないか」という話を持ち掛けられていた。バブル崩壊後、景気は回復していない時節だったが、養殖から販売までの一貫経営の夢を抱き“生涯最後の大博打”とその話に乗る。しかしその年の赤潮被害で目論見は大きく外れ、会社は倒産の危機を迎える・・・。

出自への疑念を抱えた勇。互いに母子と知らず再会した光と純子。倒産の危機に直面した大地。封印された家族の物語が、不協和音を立てながら動き出し、衝撃の真実を解き明かすパンドラの箱が、今開かれる――。

【公式HP】https://kokubyakuju2019.wixsite.com/official

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 011539.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る