エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

斉藤秀翼らが丁寧に見せるHoneyWorksの世界『70億分の1の恋~告白実行委員会』レポート

011515.jpg

2019年3月6日(水)に東京・CBGKシブゲキ!!にて舞台『70億分の1の恋~告白実行委員会』が開幕した。本作は、ニコニコ動画やYouTubeなどの動画投稿サイトで活躍するクリエイターユニット・HoneyWorksの楽曲を原作とした「告白実行委員会恋愛シリーズ」を舞台化したもの。初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、出演者より斉藤秀翼、梛野里佳子、高崎翔太、川嶋由莉、加藤将、長谷川かすみが登壇し、意気込みを語った。

011515_6.jpg

「告白実行委員会」とは、HoneyWorksの楽曲「告白予行練習」「初恋の絵本」「ヤキモチの答え」を中心としたシリーズ・プロジェクトで、高校生の少年少女が織りなす恋愛模様を、群像劇として描き、人気を博している。楽曲のキャラクターたちは、音楽の世界だけでなく、小説、劇場版アニメ、TVアニメなど様々な形で表現されてきた。

011515_2.jpg

本作では、瀬戸口優(斉藤)と榎本夏樹(梛野)、望月蒼太(高崎)と早坂あかり(川嶋)、芹沢春輝(加藤)と合田美桜(長谷川)に加え、綾瀬恋雪(大崎捺希)、教師の明智咲(吉岡佑)といったシリーズの人気キャラクターたちが、舞台版のオリジナルストーリーを展開する。脚本・演出は劇団PU-PU-JUICEの山本浩貴が担当。

会見で、斉藤は「誰もが経験した学生時代の仲間との関係、好きな人との関係を、15年越しぐらいに体験して、不思議というか、新鮮な気持ちです。最後までがんばって、学生服を脱いだ瞬間にみんなで美味しいお酒を飲めたらなと思います(笑)」と大人らしく挨拶。

梛野は、恋愛モノの作品への出演が初めてだったそうで、開幕を楽しみにしていたという。「最近、ドラマや映画でも真っ直ぐな純愛が注目されているなと思っていて」と例に挙げ、「普段の私は、こんなにキュンキュンすることがあまりないんですけど(笑)。同じような感覚を持っている方にも、劇場で夢の世界に浸って、キラキラした恋愛を疑似体験していただけたらなと思います」と呼びかけた。

011515_10.jpg

高崎は、学ラン姿に少々照れを見せながら「公演の間だけは、高校生気分でやっていきたいと思います!お客さんに『高崎、ちょっとキツいな~』と思われないように(笑)。毎日リフレッシュして、現場に足を運びたいと思います。がんばります!」と意気込んだ。

川嶋は、自身3回目の舞台出演ということだったが、稽古を「まるで学校みたいで、歳の近いお兄さんとかお姉さんとご一緒できて、とても楽しかったです」と振り返る。さらに「原作のHoneyWorksさんがお好きな方には、この舞台を観て『ああ、あのシーン!』と原作の曲や映画を思い出して楽しんでいただけると思いますし、観たことがない方にも青春を楽しんでいただけると思います」とアピール。

011515_9.jpg

「学生って、めちゃめちゃ元気いいじゃないですか!この作品をやるからには、やっぱり(自分も)元気を出さないといけないと思って!」という加藤は、その言葉のとおり舞台上でも元気いっぱい。続けて「学生時代に何をしていたか思い出したところ、とにかく走ってたんですよ。(学生は)すぐ走る!だから、登場シーンは全部走ってやろうと思っていたんですが、全部カットされました(笑)。何が言いたいかと言いますと、自分が学生時代に経験したこと、経験しなかったことも妄想して、たくさん走って、純愛をしていけたらいいなと思っております!」と、これまた元気いっぱいな裏話を披露。

011515_5.jpg

また、自身は恋愛の話はちょっと苦手だそうで「恋愛って難しいじゃないですか!分かんないんですよね、恋愛って」と言いつつ、「何が起きるか分からない、先が見えない。でも、それが恋愛だと思います。どうなるか分からない恋愛を、次どうなるんだ?とお客さんに思わせていきたいなと思います!以上です!」と語っていた。

長谷川は、そんな加藤のパワーを受けて「(加藤の演じる)春輝くんの元気をいっぱいもらって、私も美桜ちゃんとして、元気いっぱい全力で、1分1秒を大切に生きていこうと思います」とにっこり。

011515_8.jpg

011515_4.jpg

真っ直ぐだからこそ、すれ違う。相手のことを思うからこそ、うまくいかない。学生時代、きっと誰もがどこかで経験し、置いてきてしまった記憶の断片が、蘇ってくるような青春がいっぱいつまったストーリー。恋愛の形は千差万別あるものだが、誰かを大切に思う気持ちはきっと万国共通だ。

011515_7.jpg

例えば、両思いだけど、伝えられずに片思いし合っている優と夏樹。教室で、夏樹が優に「英語のノートを貸してほしい」と頼むのだが、優はそう言われる前の言動からすでに彼女の希望を察し、「貸してあげよう」という意思を行動ににじませている。互いに分かり合っているのに、それでも言葉にしなければ伝えきれない。そんな二人の関係を、なんてことないシーンを丁寧に描くことで、リアリティを持って伝える仕上がりになっている。

011515_3.jpg

進行形の恋をしている人には勇気を与え、恋を忘れてしまった人にはサプリのようにときめきが染み渡る。「恋って素敵だな」と素直に思える、青春群像劇だ。

舞台『70億分の1の恋~告白実行委員会』は3月15日(金)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演。

【公式HP】http://www.kokuhaku-stage.com
【Twitter】@KokuhakuStage

(C)HoneyWorks/「70億分の1の恋」製作委員会

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

舞台『70億分の1の恋~告白実行委員会~』

作品情報舞台『70億分の1の恋~告白実行委員会~』

主人公たちが楽曲の世界を飛び出して、様々な形で動き出すー。

  • 公演:
  • キャスト:斉藤秀翼、梛野里佳子、高崎翔太、川嶋由莉、加藤将、長谷川かすみ、西山咲子、中野マサアキ、須賀裕紀、天音里菜、谷茜子、伊藤桃香、澤井俊輝、大崎捺希、吉岡佑

この記事の画像一覧(全10枚)

  • 011515.jpg
  • 011515_6.jpg
  • 011515_2.jpg
  • 011515_10.jpg
  • 011515_9.jpg
  • 011515_8.jpg
  • 011515_3.jpg
  • 011515_5.jpg
  • 011515_4.jpg
  • 011515_7.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る