loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ミュージカル『スクール・オブ・ロック』日本人キャストで2020年に!生徒役はオーディションで選出

011445.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年夏に、ミュージカル『スクール・オブ・ロック』は日本人キャストにて上演されることが決定した。本作は、2003年に全米で公開されたロック映画の金字塔『スクール・オブ・ロック』(主演:ジャック・ブラック)を、2015年にブロードウェイでミュージカル化したもの。

プロデュースと楽曲を手掛けた『オペラ座の怪人』『キャッツ』など世界的大ヒット作品を次々と生み出している作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーをはじめ、作詞はディズニーミュージカル『リトル・マーメイド』やディズニー・アニメーション映画『塔の上のラプンツェル』のグレン・スレイター、脚本は英ドラマ『ダウントン・アビー』やミュージカル『メリー・ポピンズ』のジュリアン・フェロウズというクリエイターが集結。

2016年にはイギリス・ウエストエンドでも開幕し、大ヒットを記録。2016年にはアメリカにてドラマ化され、2016年、2017年と2年連続でエミー賞にノミネートされた。2018年にはNHK Eテレにて放送が始まり、日本でも人気の作品となっている。

本作の最大の魅力は、幕が上がり下りるまで続く“ライブ感”。開演前には「劇中の演奏は、子どもたちが本当に演奏しています」とアナウンスされ、圧巻のパフォーマンスが披露される。メインキャストとなる生徒役は、オーディションで選出されるとのこと。

生徒役キャストのオーディション詳細や主演のデューイ役などは、続報を待とう。

ミュージカル『スクール・オブ・ロック』は、2020年8月に豊島区立芸術文化劇場(新複合施設「Hareza (ハレザ) 池袋」2019年秋オープン)にて上演予定。ほか、地方公演あり。

【あらすじ】
アマチュアロックバンドのギタリストのデューイは心からロックを愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。友人ネッドのアパートに居候しているデューイだが、貧乏で家賃すら払えず、ネッドの恋人パティと喧嘩し、住む場所もなくなりそうな最悪な状況に。そんな時、ネッドに私立学校の臨時教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。
厳格なロザリー校長のもとエリート進学校として名高いホレス・グリーン学院だが、デューイは厳格な規律の多い学校で過ごす子どもたちが無気力なことに気がつき、さらに担任したクラスの子どもたちに音楽の才能があることも見つけ、子どもたちとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。そして、学校や親に気づかれぬよう、授業と称して子どもたちにロックのあらゆることを教え始める。
クラシックしか耳にしたことがないような生徒たちは、最初は困惑していたが、やがてデューイの陽気な人柄やロックの開放感、ありのままの自分を認めてくれるデューイに魅力を感じはじめ、一緒にバンドバトルを目指して猛練習を始める。ある日、デューイが偽物教師だということがバレてしまうが、デューイとのロックを通し変わり始める子どもたちの変化は、周囲の大人たちをも変えていくことになる――。

【ホリプロステージ作品】http://hpot.jp/stage/SOR2020
【公演公式Twitter】@SoRmusicalJP
【ホリプロステージTwitter】@horipro_stage
【ホリプロステージInstagram】@horipro_stage

 

この記事の画像一覧

  • 011445.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事