エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

加古臨王、初演出で御笠ノ忠次の書き下ろし『ブレーメンの音楽隊』を5月に

011434.jpg

俳優・加古臨王が演出する舞台『ブレーメンの音楽隊』が、2019年5月に上演決定した。ミュージカル『刀剣乱舞』の藤原泰衡役などで知られるほか、声優・和太鼓奏者・MCなどとしても活動する加古にとって、これが初演出作品となる。

脚本は、ミュージカル『刀剣乱舞』や舞台『東京喰種』『文豪ストレイドッグス』などを手掛ける御笠ノ忠次が2014年に書き下ろしたもので、誰もが知るグリム童話「ブレーメンの音楽隊」を元に、動物たちの“生への渇望”と“人間の欲望”が渦巻く様を描く。

出演は、大野瑞生、加藤真央、若松春奈(シタチノ)、笹原英作、原田新平、浅井江理名、平瀬美紀(IL COLORI.)、谷松香苗、木村渓、よしのAmy Walker、伊達康浩(BQMAP)、熊谷嶺、飯野雅彦。

『ブレーメンの音楽隊』は、5月24日(金)から5月28日(火)まで東京・ウエストエンドスタジオにて上演される。チケットは、3月22火(金)10:00より一般発売開始。

【公式HP】https://www.kakolion.com/
【公式Twitter】@bremen2019

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 011434.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る