loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

鷲尾修斗、遊馬晃祐らが鉄道会社を救うべくアイドルに?!『レイルウェイ』稽古場レポート

011408.jpg
画像を全て表示(10件)

2019年2月22日(金)より上演される舞台「レイルウェイ」。本作は、劇団ホチキス主宰の米山和仁が作・演出を手掛けるオリジナル舞台で、歌とダンスと笑いを交えた個性豊かな人々が繰り広げる青春サクセスストーリー。一体、どんな作品なのか?開幕に向けて準備を進める稽古場を取材した。

011408_2.jpg

2月某日、稽古場には主演の鷲尾修斗をはじめ、遊馬晃祐、滝澤諒、佐藤信長、宇佐卓真、山崎雅志(劇団ホチキス)、山沖勇輝、小玉久仁子(劇団ホチキス)、磯貝龍虎、二瓶拓也らが顔を揃えていた(伊阪達也はスケジュールの都合により取材日は不在)。

011408_5.jpg

物語の主人公は、鷲尾が演じる音無歌五郎(おとなしうたごろう)。音無は、様々な就職試験を受けるもことごとく失敗していたが、唯一、関東のローカル鉄道「関西(せきにし)電鉄」に採用が決まる。不本意ながらも、新しい生活に胸をはずませていた音無。しかし、出社してすぐに電鉄が「廃線危機」に直面していることを知らされる!

音無は、朝霞涼平(遊馬)、八雲樹(滝澤)、滑川達也(佐藤)、蛭子隼人(宇佐)らと出会い、電鉄再興を賭けた起死回生プロジェクト「アイドルグループを結成する」作戦を考え出すが・・・。

011408_9.jpg

011408_10.jpg

取材時には、各役者の動きづくりと、ミザンス(セット・役者を含めた舞台全体の立ち位置)決めが行われていた。オリジナル作品は原作ありの作品に比べ、冒頭で観客にしっかりと世界観を伝え、物語に引き込むことが重要だ。米山はアクティブに、全体を見ながら役者たちに動きをつけ、短いシーンの中にも様々な要素を詰め込んでいく。

011408_4.jpg

本作の軸となるのは「鉄道×アイドル」。鷲尾は、作品コンセプトを聞いた時を振り返り「アイドルを描いた作品はいろいろありますが、それに“鉄道”という要素が乗るとどんなお話なんだろう?と、率直におもしろそうだと思いました」と振り返る。そんな彼が演じる音無は「作品の中で、一番“普通”です。皆さんのキャラが濃いので(笑)」。最も観客と近い存在でもあるため、役作りでは「普通」であることを意識しているという。

011408_6.jpg

一方、アイドルグループ「レイルウェイ」の中心人物となる朝霞役の遊馬は、本作が初のオリジナル作品への出演。「稽古が始まるのが楽しみだった」そうで、「僕の演じる朝霞は、リーダー的な存在ですし、大事なシーンも任せていただきます。もっともっとキャラを突き詰めて、修斗さんが演じる音無やお客さんを巻き込んでいけたらいいなと思います」と意気込む。稽古中も、米山からのオーダーに「はい!」と勢いよく答えながら、提示された課題に一生懸命取り組んでいるのが伝わってきた。

011408_3.jpg

011408_8.jpg

「レイルウェイ」のメンバーは、皆、関西(せきにし)電鉄の職員。メンバーだけでなく、職員たちは鉄道に並々ならぬ愛を持っている。鷲尾と遊馬は、登場人物たちのように鉄道にハマったことはないそうだが、何かにどうしようもなく夢中になる気持ちは「分かる」と口を揃える(ちなみに、鷲尾は「ドラゴンボール」、遊馬は「釣りと野球観戦」をそれぞれ夢中になるものに挙げた)。

山崎、小玉、二瓶といった個性派が作るそれぞれの登場シーンも、インパクト大。山沖と磯貝は互いの掛け合いを楽しみながらも、休憩中も二人でダンス稽古をずっと続けるなど、熱心な姿を見せる。ベテランと若手が、それぞれに役・作品と向き合い、とても和やかで良い雰囲気を作っていた。

011408_7.jpg

開幕に向け「最後まで妥協せずに、ひたすらに、ひたむきにがんばるだけです」と鷲尾。劇中には、オリジナル楽曲を歌唱するシーンもあり、「2.5次元作品が好きな方にも楽しんでいただける作品だと思います」とコメント。遊馬も「ぜひ、ペンライトなどを振って、一緒に参加して、たくさん笑ってもらえたら嬉しいです!」と語っていた。

舞台「レイルウェイ」は2月22日(金)から3月2日(土)まで東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて上演される。なお、アフターイベントとして日替わりで「ミニライブ」と「ハイタッチ会」が行われる。詳細は以下のとおり。

◆ミニライブ『今夜限りのスペシャルミニLIVE!伝説?のアイドル復活featuring RAILWAY』
【対象公演】2月24日(日)18:00公演
【出演者(予定)】音無歌五郎役:鷲尾修斗、朝霧涼平役:遊馬晃祐、八雲樹役:滝澤諒、滑川達也役:佐藤信長、蛭子隼人役:宇佐 卓真、?役:山沖勇輝、?役:磯貝龍虎、?役:伊阪達也

◆ハイタッチ会
レイルウェイ ハイタッチ会「ありが10チャージ!!」
【対象公演】2月26日(火)19:00公演/2月28日(木)19:00公演
【出演者(予定)】音無歌五郎役:鷲尾修斗、朝霧涼平役:遊馬晃祐、八雲樹役:滝澤諒、滑川達也役:佐藤信長、蛭子隼人役:宇佐卓真

『関西電鉄お客様感謝祭』
【対象公演】2月27日(水)19:00公演/3月1日(金)19:00公演
【出演者(予定)】音無歌五郎役:鷲尾修斗、朝霧涼平役:遊馬晃祐、八雲樹役:滝澤諒、滑川達也役:佐藤信長、蛭子隼人役:宇佐卓真(以上駅員さん衣装)、青木田雄三役:山沖勇輝、増木敏朗役:磯貝龍虎

【公式HP】http://railway-stage.com
【Twitter】@railway_stage

※山崎雅志の「崎」は、「大」の部分が「立」が正式表記

(C)「R列車でいこう!」製作委員会

 

レイルウェイ

「電車は走るよどこまでも! 僕らは歌うよとりあえず!!」

  • 公演:
  • キャスト:鷲尾修斗、遊馬晃祐、滝澤諒、佐藤信長、宇佐卓真、山沖勇輝、山崎雅志、磯貝龍虎、小玉久仁子、二瓶拓也、伊阪達也、秋山皓郎、吉田邑樹、山口渓
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 011408.jpg
  • 011408_2.jpg
  • 011408_5.jpg
  • 011408_4.jpg
  • 011408_6.jpg
  • 011408_3.jpg
  • 011408_8.jpg
  • 011408_7.jpg
  • 011408_9.jpg
  • 011408_10.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事