エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

市村正親&鹿賀丈史ミュージカル『生きる』両Ver.をWOWOWにて放送

011102.jpg

2018年10月に黒澤明監督の同名映画を原作とした、日本発のオリジナル新作ミュージカル『生きる』が上演されたが、2019年1月と2月に同作がWOWOWにて放送されることが決定した。

関連記事:ミュージカル『生きる』ゲネプロレポートはこちら

出演は主演を務める市村正親、鹿賀丈史(Wキャスト)のほか、市原隼人、新納慎也、小西遼生(Wキャスト)、May'n、唯月ふうか(Wキャスト)、山西惇ら。脚本・歌詞を高橋知伽江が、演出を宮本亜門が担当している。

ミュージカル『生きる』鹿賀丈史バージョンは2019年1月12日(土)14:30よりWOWOWライブにて、市村正親バージョンは2月23日(土)17:00よりWOWOWプライムにて放送される。

【あらすじ】
役所の市民課の課長・渡辺勘治(市村正親、鹿賀丈史)は、早くに妻を亡くし、息子の光男(市原隼人)とその妻・一枝(唯月ふうか、May'n)と同居して生活していた。そんなある日、渡辺は自身に胃がんが見つかり、余命半年であることを知る。自らの人生を振り返り、意味あることを何一つ成し遂げていないことに 気が付いた渡辺は、現実逃避するため大金を手に夜の街へと繰り出す。居酒屋で出会った売れない小説家(小西遼生、新納慎也)から誘われ、二人は盛り場 をはしごするが、渡辺の心は晴れずむなしさが募るだけだった。

翌日、役所の同僚である小田切とよ(May'n、唯月ふうか)が渡辺のもとを訪ねてくる。渡辺は、とよの明るさ、生命力に惹かれ、自分の人生になかったもの を見いだす。そしてついに、渡辺は市民が求めていた公園の建設を成し遂げようと思い立つ。

【公式HP】http://www.ikiru-musical.com/
【WOWOWサイト】https://www.wowow.co.jp/detail/114213

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 011102.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る