エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

仮面ライダーが演劇作品に!久保田悠来主演で『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-

011087.jpg

平成仮面ライダーシリーズ第15作として、2013年10月から2014年9月に放送された『仮面ライダー鎧武/ガイム』。同作に登場した仮面ライダー斬月(ざんげつ)を主役とし、平成仮面ライダーシリーズが初の演劇作品化を果たすことが発表された。

仮面ライダー斬月・呉島貴虎(くれしまたかとら)役は、TVシリーズから同役を演じてきた久保田悠来が務め、これまで描かれていない新たなオリジナルストーリーとして人間ドラマを展開。

011087_2.jpg

脚本・演出を担当するのはTVシリーズの脚本も手掛けた毛利亘宏(少年社中)。そしてシリーズ原案・監修には虚淵玄(ニトロプラス)、脚本協力に鋼屋ジン(ニトロプラス)と、『仮面ライダー鎧武/ガイム』を生み出したスタッフが再集結する。

仮面ライダー斬月とは、『仮面ライダー鎧武/ガイム』に登場するアーマードライダー(『仮面ライダー鎧武』に登場する仮面ライダーの名称)の一人。TVシリーズの舞台である「沢芽市」を再開発した、巨大企業ユグドラシル・コーポレーションの研究部門リーダーである呉島貴虎が変身した姿で、メロンの鎧をまとった純白のライダー。

「子ども」である鎧武たちに対し「大人」として立ちふさがり、目的のためには手段を選ばない冷酷なリアリストだが、仮面ライダー龍玄(りゅうげん)に変身する弟・光実(みつざね)にはつい甘くなりがちで目が曇る人物として描かれてきた。

舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-は、2019年3月に東京と京都で上演予定。

【公式HP】https://www.nelke.co.jp/stage/zangetsu/
【公式Twitter】@stage_zangetsu

(C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 011087.jpg
  • 011087_2.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る