エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

関西ジャニーズJr.「なにわ男子」藤原丈一郎&大橋和也のW主演で『リューン』再び

011047.jpg

2018年2月に上演されたオリジナルミュージカル『リューン』が、早くも再演されることが決定した。本作は、“滅びの剣”を巡る二人の少年の成長を描いたファンタジー作品。演出をウォーリー木下、脚本を篠原久美子、作詞を森雪之丞、音楽を和田俊輔が手掛けたダイナミックなライブエンターテイメントは、初演を全国5ヶ所で行い、全18ステージすべてソールドアウトさせた。

初演に続きW主演を務めるのは、今年10月に発表された関西ジャニーズJr.の新ユニット「なにわ男子」への参加も発表された藤原丈一郎と大橋和也。二人とも再演を熱望していたようで、共に喜びの声を寄せている。

以下、藤原と大橋、演出のウォーリー木下のコメント全文を紹介。

◆藤原丈一郎(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
『リューン』再演のお話を聞いて、もう一度あの作品に携われる!という嬉しい気持ちになりました!
2018年2月から3月に『リューン』を公演し、まさかこんなにも早く再演のお話をいただけるとは思っていなかったので、『リューン』ファンの方々の熱いメッセージが届いたんだなと感じました。リューンが初座長で座長らしいことが何も出来なかったので、次こそ大橋と一緒に座長らしくがんばりたいです!ぜひ、グレードアップした『リューン』をお楽しみに!劇場でお待ちしております!

◆大橋和也(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
一言で表すと感謝感激です!!!!!!ずっと再演したいと言っていたら本当に実現するなんてほんまに感謝です!!!
リューンを見ていただいた方たちの声があったからこそ実現できました!!!そして共演者さんたちと会えるのもめっちゃ楽しみやし今回から出ていただける方たちと会えるのも楽しみすぎていろんな楽しみがあります!!!!!
次の『リューン』では前回より、もっともっとパワーアップした『リューン』を見ていただけるように『リューン』カンパニー一同頑張りますので皆さん!!!!!応援よろしくお願いします!

◆ウォーリー木下(演出)
僕にとってのはじめてのミュージカルだった『リューン』。経験のないことだらけで稽古場が楽しくてしょうがなかった。技術のある俳優・スタッフと遊べるのは演出家冥利に尽きる。そこに主演の若い二人のチャレンジと熱意が重なって、思ってもみなかった奇跡が起きたのを覚えている。あれを再現するのではなく、また新しい冒険もしてみたいと思う。オリジナルミュージカルとしてのスタートラインはここからだ。

共演には、初演よりダイアモンド☆ユカイ、浜崎香帆(東京パフォーマンスドール)、まりゑ、ダンドイ舞莉花、木村晶子、くるくるシルクより立川真也・藤居克文・高橋徹、春風ひとみ、大澄賢也が続投。そして、新キャストとして溝口琢矢、原田優一、遠藤瑠美子、吉高志音、泉見洋平が加わる。

ミュージカル『リューン~風の魔法と滅びの剣~』(再演)は、2019年6月1日(土)・6月2日(日)に神奈川・模女子大学グリーンホールにてプレビュー公演を行ったのち、東京、大阪、金沢、刈谷、久留米、広島を巡演する。日程の詳細は、以下のとおり。

【神奈川公演(プレビュー)】2019年6月1日(土)・6月2日(日) 相模女子大学グリーンホール
【東京公演】2019年6月5日(水)~6月9日(日) 日本青年館 大ホール
【大阪公演】2019年6月19日(水)~6月23日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【金沢公演】2019年6月26日(水) 金沢歌劇座
【刈谷公演】2019年6月29日(土)・6月30日(日) 刈谷市総合文化センター
【久留米公演】2019年7月3日(水) 久留米シティプラザ
【広島公演】2019年7月5日(金)・7月6日(土) 上野学園ホール

【あらすじ】
幼なじみのリューン・フロー(藤原)とリューン・ダイ(大橋)。二人共に15歳。フローは一角狼座の芸人、ダイは戦士の修行中。二人はまるで兄弟のように仲が良い。10年前のあの戦争で両親を失った。ある日、二人は伝説の「滅びの剣」を見つけてしまう。それによってフローとダイの運命の歯車が狂い出す。「滅びの剣」を手に入れようと軍勢を率いて現れた大国の長・ダナトリア(原田)は、村を焼き払おうとする。リューン・ダイはその剣を手にし、敵も味方も関係なく皆殺しにして消えてしまう。失意のリューン・フローは、友であるリューン・ダイを殺すための旅に出る・・・。
リューン・フローのお供には同じく幼なじみのエルカ(浜崎)とファンルン(溝口)がいる。3人は様々な土地で様々な人と出会い、戦うこと、生きること、この世界の美しさと醜さを知る。一方リューン・ダイは、「滅びの剣」に支配され、巨大な竜を仲間にし、どこかへと向かう。それは10年前のあの日の復讐の旅でもあった。ファンルンの裏切りによってリューン・フローは捕らえられ、声を奪われてしまう。悲しみに暮れるエルカ。そのときにみんなで上演した舞台のことを思い出す。そこにヒントがあった。
そしてリューン・フローとリューン・ダイは、世界の果てでついに対峙する・・・。

【公式HP】https://lune2019.wixsite.com/official

※ダイアモンド☆ユカイの「☆」は、六芒星が正式表記

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 011047.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る