エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

溝口琢矢主演で地下空港が構想18年の新作ミュージカル『花園』を上演

010996.jpg

2019年4月に、舞台芸術集団 地下空港がミュージカル『花園 HANAZONO』を上演する。本作は、同集団が構想18年を経て創作する新作公演。溝口琢矢を主演に迎え、鎌倉末期から南北朝時代を背景に、深山幽谷に隠された謎の園と、そこに引き込まれる人々のドラマを描く。

010996_2.jpg

さらに、元宝塚宙組男役スター・悠未ひろの参加も決定。このほか、田代絵麻(地下空港)、野田孝之輔(地下空港)、鎹さやか、大塚由祈子、酒井良太、徳岡明、長尾愛、柳生拓哉、山崎里紗、山口実紗、吉高志音、白井安美、萩原優奈が名を連ねた。

作・演出・作曲は地下空港主宰の伊藤靖朗。作曲&編曲は権頭真由&佐藤公哉(三月満月)が手掛ける。

舞台芸術集団 地下空港 新作ミュージカル『花園 HANAZONO』は、2019年4月13日(土)から4月21日(日)まで、東京・都内公共劇場(提携公演)にて上演される。チケットは、2019年2月16日(土)より一般発売開始。

1月に先行予約&クラウドファンディングの実施予定あり。詳細は随時、地下空港公式HPにて発表されるとのこと。

【地下空港公式HP】http://www.uga-web.com/
【地下空港公式Twitter】@ugaugaugauga

※山崎里紗の「崎」は「大」の部分が「立」が正式表記

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全3枚)

  • 010996.jpg
  • 010996_2.jpg
  • 010996_3.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る