エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

松岡広大、カレンダー発売イベントで2019年の抱負を語る「イメージをいい意味で壊したい」

010988.jpg

今年でデビュー10周年を迎えた松岡広大が、「松岡広大 2019年カレンダー」を発売した。その発売記念イベントが、2018年12月15日(土)に東京・HMV&BOOKS SHIBUYAで行われ、約1,000人のファンが集結。イベント前に行われた囲み会見では、松岡がカレンダーのことから来年の抱負などを語った。

ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』主演を経て、2018年は劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season月』や浪漫活劇『るろうに剣心』のほか、TVドラマ・映画化された『兄友』や、AbemaTVオリジナルドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』などに出演してきた松岡。

010988_2.jpg

2019年カレンダーは「光」をテーマとし、多様なシチュエーションの中で「光源と共存した」ポージングや表情の中で自身を表現した。今回は、松岡にとって初のカレンダー発売イベント。お気に入りのカットは、「6月のコンテンポラリーダンスを踊っているカット」だという。踊る曲も自身で選んだそうで、ダンス歴12年の松岡ならではのこだわりを感じさせた。また、7月のグランピングカットも挙げ「実生活ではやらないので、普段しないことをカレンダー撮影で出来たので、気に入っています」と笑顔を見せた。

今年も残りわずかとなった。クリスマスやお正月の過ごし方を聞かれると「そうですね・・・年明けの舞台稽古中なので、クリスマスもお正月もずっと稽古です(笑)でも、稽古も楽しいです!」と充実した様子。2019年1月9日(水)からは、東根作寿英俳優生活30周年記念公演『Boss&Police〜ガケデカ後藤誠一郎〜』への出演が控えている。

今年は「新しいことにたくさんチャレンジした1年でした。まだ言えないのが残念です。緊張や葛藤もありましたが、自分が持っていない引き出しを出す事が出来たかなと思います」と、発表を控えている来年の活動を期待させる。今年を漢字一文字で表すと“厳”。「自分に対して律する部分も見え、新たな挑戦をする時に自分に厳しくいかなければいけないことを改めて感じた1年でした」と真摯に話す一面も。

一方で、今年のがんばり対してクリスマスプレゼントがもらえるのであれば「普段使っているストレッチポールが壊れてしまったので、欲しいです(笑)。実用的なものはあまり自分では買わないので・・・」と、照れくさそうに回答。

来年の抱負には「これまでを振り返り、自分が得意なものを伸ばす1年にしたいです。挑戦したい作品は、言葉の表現の仕方が多く描かれている、シェイクスピアなどの戯曲をやってみたい。これまで演じてきた役は明るい役が多いので、自分のイメージをいい意味で壊し、場を支配するような役者を目指したいです。プライベートでは、神社仏閣が好きなので巡ってみたいですね。中学の修学旅行で京都・龍安寺に行って以来好きになったので、和装をしてもう一度行ってみたいです」と、語っていた。

【アミューズオフィシャルHP アーティストページ】http://artist.amuse.co.jp/artist/matsuoka_koudai/
【公式Twitter】@koudai_official
【公式Instagram】@koudai_matsuoka.official

(写真/オフィシャル提供)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 010988.jpg
  • 010988_2.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る