エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

舞台『銀牙–流れ星 銀-』荒木宏文&安里勇哉の出演決定

010977.jpg

2019年夏に上演されるた舞台『銀牙–流れ星 銀-』。これまで、佐奈宏紀と郷本直也の出演が発表されていたが、新たに、荒木宏文と安里勇哉の出演が決定した。原作は、1983年から1987年にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された高橋よしひろの人気漫画。熊と戦う犬たちの愛、勇気、友情、正義、諦めない心などがストレートに描かれ、連載から30年以上が経った今でも色褪せることがない名作だ。

脚本・演出を手掛けるのは、劇団鹿殺しの丸尾丸一郎。追加出演者の発表に合わせ、丸尾から以下のコメントが届いている。

◆丸尾丸一郎(脚本・演出)
舞台『銀牙–流れ星 銀-』の脚本・演出を担当することが発表されてから、演劇関係者やお客さんにまで「一体、どうやるつもりですか?!」とやたら声を掛けられるようになりました。登場人物はほぼすべて「犬」、最大の敵は「熊」という物語ですから。「これから考えます」と正直に答えることにしています。僕だって戸惑っています。2019年の夏まで時間を掛けて、舞台『銀牙』の答えを必ず探し出そうと思っています。『銀牙』には演劇に通じる熱さがある、普遍的な仲間との絆がある。おもしろくならない訳がありません。どうぞ、犬たちが舞台上で躍動する姿を期待していてください。

【あらすじ】
最強の熊犬リキの息子として生まれた秋田犬の銀。人間ですら歯が立たない凶暴な殺人熊・赤カブトに敗れた祖父シロと父リキの仇を討つため、銀は同じく赤カブト打倒を目指す奥羽軍の一員となり、仲間達と共に真の“男”を求め、日本全土を駆ける―。

舞台『銀牙 -流れ星 銀-』~絆編~は、2019年夏に東京・神戸にて上演予定。

【公式HP】https://www.ginga-stage.com/
【公式Twitter】@stage_ginga

(C)高橋よしひろ/集英社・舞台「銀牙-流れ星銀-」

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010977.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る