エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

EXILE佐藤大樹&増田俊樹のW主演続投で『錆色のアーマ』新作決定、コミカライズもスタート

010957.jpg

舞台にはじまり、そこから様々なメディアミックス展開を図っていく“逆2.5次元”とも言うべきプロジェクトとして始動した『錆色のアーマ』。その新作が、2019年6月に上演されることが決定した。初演に続き、佐藤大樹(EXILE/FANTASTIC from EXILE TRIBE)が孫一役を、声優としても活躍する増田俊樹が織田信長役を続投する。

2017年6月に第1弾が上演された本シリーズは、戦乱の世を舞台に「アーマ」と呼ばれる武器を携えた男たちの生き様を描くオリジナルストーリー。戦国の世、鉄砲の腕前一つで名乗りを上げた孫一が率いる雑賀衆と、天を喰らおうとする信長の出会いと因縁の物語を展開する。

さらに、アーマ(武器)を構える孫一、鋭い眼差しを向ける信長が描かれたティザービジュアルも同時公開。まだまだ謎に包まれた『錆色のアーマ』だが、続報を楽しみに待とう。

なお、『錆色のアーマ』メディアミックスプロジェクト第2弾として、「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)にてコミカライズされることも決定。コミカライズを手がけるのは、同誌にて「春告と雪息子」を連載していたhagi。美しく繊細なタッチが持ち味のhagiが描き下ろした、無邪気な笑顔を向ける孫一と冷徹な表情を浮かべる信長のイラストも公開された。

『錆色のアーマ』新作は、2019年6月に上演予定。

【公式HP】https://www.nelke.co.jp/stage/rusted_armors2019/
【公式Twitter】@rusted_armors

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全3枚)

  • 010957.jpg
  • 010957_2.jpg
  • 010957_3.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る