エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

奥村徹也演出『アルプススタンドのはしの方』オーディション開催

010872.jpg

2019年6月に東京・浅草九劇にて第63回全国高等学校演劇大会・文部科学大臣賞(最優秀賞)に輝いた『アルプススタンドのはしの方』が上演される。それに伴い、キャストオーディションが行われることが決定した。

本作は、野球のルールを知らない演劇部×ふてくされ補欠男子×成績優秀孤立女子ら冴えない高校生4人が甲子園の応援にきたアルプススタンドで繰り広げる、ワンシチュエーションの会話劇。演出は劇団献身主宰の奥村徹也が務める。このほど、企画の直井卓俊と奥村よりコメントが届いている。

◆直井卓俊(企画)
WEB配信用のドラマの企画開発をしていた流れで、ある日ゴジゲンのメンバーにして劇団献身の主宰・奥村徹也くんに教えてもらった戯曲が『アルプススタンドのはしの方』でした。基本、冴えない場所で冴えない高校生たちが喋ってるだけなのに、戯曲と記録映像で不意打ちで感動してしまいました。

その後、映像化企画自体は停滞してしまい、諦めかけた時にふとこの戯曲を再び読み直したら勇気100倍、これは原点に立ち返ってまずは演劇でやってみればいいんじゃね?それから映像化の企画は観てもらった映画監督たちと考えればいいんじゃね?ボールを投げないと試合は始まらないんじゃね?と背中を押され、演劇なんてやったこともないのに衝動に駆られてこのプロジェクトを立ち上げてしまいました。

つまりはそういうお芝居なのです。9回の裏の最後の一球まで根気強く熱っぽく付き合っていただける役者のみなさん!ご応募をお待ちしております!

010872_2

◆奥村徹也(演出)
「何かおもしろい芝居ない?」そう聞かれることがよくあって、その都度僕は『アルプススタンドのはしの方』ってのがめちゃくちゃおもしろいですよ!と声高に叫んで来ました。

甲子園のグラウンドではなく、その客席の、しかもはしっこの方で「暑い」「帰りたい」「てか、ルールわかんない」などとうだうだ話している高校生たちにスポットを当てたお芝居です。決して、主役にはなれない人たちの物語。

これだけ読んで、想像して、少しでもその光景に共感できそうと思ったあなたは、きっとこの作品に合っていると思います。フレッシュな方、フレッシュでなくとも、とにかく衝動と情熱がある方、みな様からのご応募、お待ちしております!

募集概要の詳細は、以下のとおり。
【応募資格】
年齢制限:高校生~25歳
※事務所に所属の無い未成年は、必ず保護者の同意を得てから応募すること
※原則として、下記の稽古・本番スケジュールに全日程参加のこと

【稽古・本番スケジュール】
稽古:2019年4月 プレ稽古数回/5月 本稽古 都内稽古場
本番:2019年6月上旬 浅草九劇 (予定)

【オーディション日程】
1次:書類審査:12月14日(金)迄に合格者のみに通知
2次:実技審査:①12月17日(月)/②12月18日(火)/③12月23日(日)※予定都内スタジオにて実施

【応募方法】
写真(バストアップ、全身)入りの最新プロフィール・自己PRをA4サイズ一枚にまとめて12月11日(火)必着で郵送にて送付(メール不可)
※必ず担当マネージャー(フリーの方はご本人)の【電話番号・メールアドレス】を明記

【応募先】
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂2-34-6-101
(株)gina creative management「アルプススタンドのはしの方」オーディション係

【オーディション詳細】
http://spotted.jp/2018/11/alpsstand_audition

『アルプススタンドのはしの方』は2019年6月5日(水)から6月16日(日)まで東京・浅草九劇にて上演される。(予定)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 010872.jpg
  • 010872_2.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る