エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

WOWOWで劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月“上弦の月”の放送日決定

010846.jpg

「12ヶ月連続放送!劇団☆新感線『花鳥風月極&名作選』」を放送しているWOWOW。東京・豊洲の新劇場、IHIステージアラウンド東京のグランドオープニングを飾った『髑髏城の七人』“花・鳥・風・月・極”5シーズンの第4弾「Season月 上弦の月」の放送日が、2019年1月5日(土)に決定した。

「上弦の月」では、主人公・捨之介役を福士蒼汰、天魔王役を早乙女太一が演じ、三浦翔平、須賀健太、平間壮一、粟根まこと、山本カナコ、村木仁、市川しんぺー、人見早苗、横山一敏、高田聖子、渡辺いっけいらが出演した。

後日放送予定の「下弦の月」も含め、「Season月」では若くフレッシュな顔ぶれが集結。物語としても、理想に燃える主人公・捨之介の若さゆえの“失敗”、そして“絶望”が描かれており、これまでの『髑髏城の七人』とは一味違った仕上がりとなっている。

【あらすじ】
時は戦国時代末期。織田信長が死に、豊臣秀吉が天下統一を今まさに叶えようとしていた頃、かつてついえた見果てぬ夢に今なお囚われている3人の男がいた。荒れ野に突然現われた男・捨之介(福士)。関東一の色里「無界の里」の主人・無界屋蘭兵衛(三浦)。そして異形の鎧に身を包み、天下を覆さんと関東髑髏党を率いる天魔王(早乙女)。運命の糸に操られた3人の男たちが、漆黒の髑髏城を舞台に命を賭して相まみえる―。

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 上弦の月は、2019年1月5日(土)夜6:00よりWOWOWプライムにて放送される。

なお、WOWOWでは「劇団☆新感線SP 徹底攻略!360°回転劇場」と題し、無料放送のミニ番組を扱ってきたが、12月1日(土)からはその続編を放送。「上弦の月」「下弦の月」とWチームで上演された「Season月」と、天海祐希が極楽太夫役を演じ、古田新太が演じる天魔王と愛憎劇を繰り広げ、新しい物語として描かれた『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』をフィーチャーし、天海と古田、演出のいのうえひでのり、脚本の中島かずきのインタビューを中心に、贋鉄斎&カンテツの座談会などを通して作品の魅力に迫る。

12月1日(土)午後2:20 WOWOWプライムほか
劇団☆新感線SP 続編 徹底攻略!360°回転劇場

12月29日(土)よる10:00 WOWOWライブ ※再放送
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花

(C)2017『髑髏城の七人』月/TBS・ヴィレッヂ・劇団☆新感線

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010846.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る