エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『妖怪アパートの幽雅な日常』前山剛久&小松準弥&佐伯亮の3ショットが並ぶキービジュアルを公開

010832.jpg

2019年1月に上演される舞台『妖怪アパートの幽雅な日常』よりキービジュアルと全キャストが発表された。キービジュアルでは、妖怪や幽霊たちも住まう洋館風のアパート「寿荘」を背景に、そこに引っ越してきた高校生の主人公・稲葉夕士役を演じる前山剛久と、夕士の親友・長谷泉貴役の小松準弥、少し離れて龍さん役の佐伯亮が3ショットを見せている。

このほか、詩人・一色黎明役を谷佳樹、画家・深瀬明役を佐々木崇、骨董屋役を細見大輔が演じることが明らかになっていたが、新たに中村裕香里、相川春樹、荒井悠と猪股怜生(Wキャスト)、室井響、石井英明、馬渡亜樹、永田紗茅が出演、スペシャル・ダンサーとして三井聡が参加することが発表された(三井は振付・ステージングも担当)。配役の詳細は、以下のとおり。

【出演】
稲葉夕士:前山剛久
長谷泉貴:小松準弥
龍さん:佐伯亮
詩人・一色黎明:谷佳樹

久賀秋音:中村裕香里
佐藤さん:相川春樹
クリ役:荒井悠・猪股怜生(Wキャスト)

竹中、ほか:室井響
博伯父さん、ほか:石井英明
恵子伯母さん、ほか:馬渡亜樹
恵理子、ほか:永田紗茅

スペシャル・ダンサー:三井聡

「妖怪アパートの幽雅な日常」とは、香月日輪による児童文学(講談社刊)。フツーの高校生活に憧れながら、両親が事故で亡くなったため、まったくフツーとは言えない環境で暮らすことになった主人公・稲葉夕士が、そこで知り得た人と人、人と幽霊、人と妖怪との「普通」のコミュニケーションの中で、「人」として成長していくドラマを描いている。舞台版の上演台本は谷碧仁、演出は元吉庸泰(エムキチビート)が手掛ける。

舞台『妖怪アパートの幽雅な日常』は、2019年1月11日(金)から1月27日(日)まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて上演される。チケットは、11月25日(日)より一般発売開始。

【公式HP】https://www.youapa-stage.jp
【公式Twitter】@YouapaStage

(C)香月日輪・深山和香/講談社
(C)2018 舞台「妖アパ」製作委員会

 

(文/エンタステージ編集部)

舞台『妖怪アパートの幽雅な日常』

作品情報舞台『妖怪アパートの幽雅な日常』

孤独を抱える青年の心の成長を描いた青春ストーリー!

  • 公演:
  • キャスト:前山剛久、小松準弥、佐伯亮、谷佳樹、佐々木崇、細見大輔、

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010832.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る