エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『文豪とアルケミスト』小坂涼太郎演じる坂口安吾の迫力ある姿が公開

010830.jpg

2019年2月から3月にかけて、東京と京都で上演される舞台『文豪とアルケミスト 余計者の挽歌(エレジー)』。このほど同作より小坂涼太郎演じる坂口安吾のビジュアルが公開となった。

ビジュアルには坂口安吾が武器であるクナイを放つ、躍動感に溢れた瞬間が収められている。坂口安吾というキャラクターは、平野良演じる太宰治、陳内将の織田作之助と同じ無頼派であり、自らを「偉大な落伍者になる男」と豪語する破天荒で豪快な性格ながら、無頼派の年長者として他の二人を見守る役柄。

【あらすじ】
文学作品を守るためにこの世に再び転生した文豪たち。
親友たちとの再会、そして前世ではありえなかった出会いに喜ぶのもつかの間、
太宰のあこがれの人、芥川龍之介の作品が侵蝕される。
芥川先生の作品は俺が守る!と意気込み、仲間を引き連れ潜書する太宰だったが――――。

『文豪とアルケミスト 余計者の挽歌(エレジー)』は、2019年2月21日(木)から2月28日(木)まで東京・シアター1010にて、3月9日(土)・3月10日(日)まで京都・京都劇場にて上演される。なおチケットの一般二次先行は11月23日(金・祝)から11月27日(火)23:59まで行われる。

【受付URL】
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/bunal/
ローソンチケット:https://l-tike.com/bungo/
イープラス:http://eplus.jp/bunal/
CNプレイガイド:http://www.cnplayguide.com/bunal-butai/

【公式HP】http://bunal-butai.com
【公式Twitter】https://twitter.com/bunal_butai

(C)舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

 

(文/エンタステージ編集部)

舞台『文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(エレジー)』

作品情報舞台『文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(エレジー)』

  • 公演:
  • キャスト:平野良、陳内将、小坂涼太郎、小南光司、深澤大河、谷佳樹、杉江大志、和合真一、久保田秀敏

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010830.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る