エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

高橋よしひろ原作『銀牙 -流れ星 銀-』佐奈宏紀、郷本直也らで舞台化

010816.jpg

高橋よしひろの人気漫画「銀牙 -流れ星 銀-」が舞台化され2019年夏に上演されることが明らかになった。本作は1983から1987年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された漫画作品。第32回小学館漫画賞を受賞し、1986年にTVアニメ化。海外などでも高い評価を得ている。

主人公は熊と戦う運命を背負った熊犬の銀(秋田犬)で、全国から集結した犬たちが力を合わせて熊を倒すというストーリー。出演者には佐奈宏紀、郷本直也の2名が発表されている。

【あらすじ】
最強の熊犬リキの息子として生まれた秋田犬の銀。人間ですら歯が立たない凶暴な殺人熊・赤カブトに敗れた祖父シロと父リキの仇を討つため、 銀は同じく赤カブト打倒を目指す奥羽軍の一員となり、仲間達と共に真の“男”を求め、日本全土を駆ける。

このほど、原作者の高橋よりコメントが届いている。

◆高橋よしひろ(原作)
銀牙は今からおよそ35年前に「週刊少年ジャンプ」で4年程連載された漫画です。私にとって銀牙は、自分の漫画家生命を今に迄永らえさせてくれた、とても親孝行な作品です。銀牙の連載が終ってからも、私は色々なジャンルの漫画に挑戦してみましたが、どれも今一つ読者の反応を得られませんでした。そして読者からくる手紙には「先生はどうして動物漫画を描かないの」という手紙ばかり。

ならばという事で銀牙の続編を始めたのです。(銀牙の連載が終ってから15年経っていました)それが熱狂的ファンに支えられ今に至っている訳なのです。そして今回、ネルケプランニング様のお力で舞台化となりました。私にとってはほかのどの作品より漫画家として生きてゆく上で、支えられた作品です。みなさまにぜひ、銀牙のテーマでもある愛と勇気を舞台で感じていただければ幸いです。

010816_02

舞台『銀牙 -流れ星 銀-』~絆編~は2019年夏に上演される。

【公式サイト】https://www.ginga-stage.com/
【公式 Twitter】@stage_ginga

(C)高橋よしひろ/集英社・舞台「銀牙 -流れ星 銀-」

(C)高橋よしひろ/集英社

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 010816.jpg
  • 010816_02.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る