エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

クロとシロが宝町をとぶ!乃木坂46若月佑美×三戸なつめ『鉄コン筋クリート』開幕

010812.jpg

2018年11月18日(日)に東京・天王洲 銀河劇場にて舞台『鉄コン筋クリート』が開幕した。原作は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて1993から1994年にかけて連載されていた松本大洋の同名漫画。初日当日には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、出演する若月佑美(乃木坂46)、三戸なつめ、演出の松崎史也が登壇した。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_2

懐かしさと危険な空気が混在する宝町。そこに暮らす少年・シロ(三戸)とクロ(若月)は親を持たず、暴力によって生活費を稼いでいた。ある日、宝町に「子供の城」というレジャー施設が誕生する。しかしそれは海外のギャングによる計画で、町の支配を意味していた。様変わりしていく町の景色に違和感を覚えるシロとクロ。彼らを追う刑事。見守るホームレス。命を狙う海外ギャング。再開発に抗う昔気質のヤクザ。様々な人間の思惑がぶつかり合っていく・・・。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_5

少年二人が主人公でありながら、暴力が飛び交い、大人の思惑がうごめく町を舞台とし、お互いを補完し合い生き抜く物語は松本の名前を世間に知らしめ、2006年には劇場版アニメが公開。アカデミー賞を始めとする数々の有名な映画賞でノミネートや受賞しており、アメリカなど海外での人気も高い作品となっている。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_6

クロ役の若月は、乃木坂46からの卒業を発表。本作は、乃木坂46の若月として出演する最後の舞台となる。会見では、まず若月が「ついにこの日が来たかという感じです。すごく大好きな作品でしたし、乃木坂46としては最後の舞台ということで、ここに賭けてがんばろうと思ってきました」と意気込んだ。三戸は「今はすごくニヤニヤしちゃいます(笑)。すごい楽しみで早くみんなで作り上げたものを観てほしいです」と初日を迎える心境を述べた。

少年を演じることについて、若月は「嬉しかったですね。役をいただいた時も、女性という自分の性別を超えられる日が来るとは・・・というところがありました。少年というのは女性と男性の狭間にいるような存在かとも思うので、いいところに自分の女子としての部分が働けばと思っています」と明かした。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_4

三戸も「男の子の役をやると聞いた時も、なんの違和感もなくて、できるかもと思いました。シロという役が大好きだし、私がやりたい!と思いました。シロは表情が豊かで、変顔をしていたり歌を歌ったりしているので、それがシロらしさだと思うのでそういった部分を楽しんでもらいたいです」と語った。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_3

原作のイメージそのままの少年的な衣裳についても、若月は「クロってこういう生活をしていたのかなというのが衣装を着て初めて分かる部分もありました。クロとシロはいいなと思うモノをすぐ身に付けてしまうんです。シロには水鉄砲とかがあって、そこに“らしさ”があったり。クロにはポケットがいっぱい付いて、お財布とかを盗んだらここに入れるんだろうなと思わせるものがあります。そういうところが原作に近くて嬉しかったですね」と目を輝かせた。三戸は「普段からシロっぽいと言われるんですけど、この衣装を着るとよりシロになれる気がします」と打ち明けた。

女性が少年を演じることについて、最初から演出プランにあったという松崎は「普通に男の子がやるよりも周りを大人の俳優で固めて、背格好、声質、演技の質感的にも女の子が演じたほうが良いのではというのが第一にありました」と説明し、続けて「結果として、それ以上に二人はそういったコンセプトや当初の予定とかを大幅に超えて本当にクロとシロとして演じてくれています」と絶賛。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_11

『鉄コン筋クリート』舞台写真_13

その二人の魅力を引き立てる、ベテラン刑事・藤村役のコング桑田と若手刑事・沢田役の玉置玲央、ホームレス・源六役の花王おさむ、昔気質のヤクザ・鈴木役の中西良太とその舎弟・木村役の窪塚俊介、海外ギャング蛇役の谷口賢志と虎役の新田健太ら充実の大人キャスト陣も存在感がバツグンとなっている。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_12

セットについても、若月が「とてもユーモアに溢れていて、カッコイイ。ただ座ってセットを観ているだけでもおもしろいです。劇場でこのセットを初めて見た時に圧倒されました」と語るように、宝町の背景が幾層にも重なりあっていて、混沌としながらもどこか懐かしい雰囲気のある松本の世界観が見事に再現されている。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_7

さらに、ステージ上の高低差を利用して、原作やアニメにもある“とぶ”というアクションを表現。特に最上段からセット裏に飛び降り、光源で動きを表現する演出では、アクションの迫力にスピード感を加えている。“とぶ”という以外にも、シロとクロは町中で大暴れ。数々のアクションシーンについて若月は「初めてアクションというものに挑戦させていただきました。クロはたくさん戦うシーンがあるので、シロや町を守ろうとがんばるところを観てほしいです」とアピールした。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_15

11月末に乃木坂46を卒業する若月は、今の心境について「正直、まったく感じていなくて(笑)。千秋楽から卒業までに5日間しかないんですが、この作品に集中しようと考えていたので、その時になっても実感が沸かないだろうなと思います。卒業してからやりたいお芝居という場所で、最後の最後、ギリギリまで乃木坂46として舞台ができることを嬉しく思って、何か未来が見えたかなと感じています」と感慨深げに答えた。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_14

最後に若月は「漫画やアニメとしてのクロとシロの関係性はあるかと思いますが、舞台ならではの関係性や物語があるので、そこに注目してほしいです。宝町がそこにある!と来てくださった皆さんに思っていただけるほど素晴らしいキャストの皆さんが世界観を作り上げてくださっています。演劇としてもおもしろい物語となっておりますので、ぜひ劇場に足を運んでください」と呼びかけた。

『鉄コン筋クリート』舞台写真_9

舞台『鉄コン筋クリート』は11月25日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演。また、12月8日(土)にCS放送TBSチャンネル2で本作がテレビ放送されるほか、2019年4月にはDVDの発売も決定した。

◆舞台『鉄コン筋クリート』DVD
【発売日】2019年4月上旬予定
【価格】¥7,500円(税込)
【予約】https://shop-ep.net/east_park/?icid=9905000001

◆テレビ放送
【放送チャンネル】CS放送TBSチャンネル2
【放送日時】
12月8日(土)21:30~23:30(テレビ初独占放送)
12月27日(木)23:00~翌1:00(再放送)
【番組詳細】http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/a0327/

(C)松本大洋・小学館/2018舞台「鉄コン筋クリート」製作委員会

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

(文/エンタステージ編集部)

舞台『鉄コン筋クリート』

作品情報舞台『鉄コン筋クリート』

混沌とした街の中で、お互いを補完し合い生き抜く2人の物語

  • 公演:
  • キャスト:若月佑美、三戸なつめ、谷口賢志、我善導、船木政秀、橘輝、加藤靖久、新田健太、コング桑田、玉置玲央、山下征志、書川勇輝、新原美波、齋藤久美子、木原実優、花王おさむ、窪塚俊介、中西良太

この記事の画像一覧(全15枚)

  • 010812.jpg
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_2
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_5
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_6
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_4
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_3
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_8
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_13
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_11
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_12
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_7
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_15
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_14
  • 010812_10.jpg
  • 『鉄コン筋クリート』舞台写真_9

関連タグ

関連記事

トップへ戻る