エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『文豪とアルケミスト』久保田秀敏演じる芥川龍之介のビジュアル公開!京都で追加公演も

010772.jpg

2019年2月から3月にかけて、東京と京都で上演される舞台『文豪とアルケミスト 余計者の挽歌(エレジー)』より、主演の平野良の太宰治、谷佳樹の志賀直哉に続き、久保田秀敏が演じる芥川龍之介のビジュアルが公開された。

「文豪とアルケミスト」とは、DMM GAMESより配信されているシミュレーションゲーム。プレイヤーが特務司書となり、転生した文豪たちと共に文学を侵蝕する者たちと戦い、文学の存在を守る任務につく。舞台の脚本はなるせゆうせい、演出は吉谷光太郎、世界観監修はイシイジロウが手掛ける。

芥川龍之介は、ドライな性格と育ちの良さを感じさせる立ち居振る舞いから、一見「堅い人」という印象がありながらも、その魅力的な人間性から太宰治が異常と言えるほどの強い憧れを持つ“カリスマ性”を持ち合わせた役柄。

【あらすじ】
文学作品を守るためにこの世に再び転生した文豪たち。
親友たちとの再会、そして前世ではありえなかった出会いに喜ぶのもつかの間、
太宰のあこがれの人、芥川龍之介の作品が侵蝕される。
芥川先生の作品は俺が守る!と意気込み、仲間を引き連れ潜書する太宰だったが――――。

『文豪とアルケミスト 余計者の挽歌(エレジー)』は、2019年2月21日(木)から2月28日(木)まで東京・シアター1010にて、3月9日(土)・3月10日(日)まで京都・京都劇場にて上演される。

なお、好評につき京都の3月9日(土)13:00公演が追加公演として決定した。11月15日(木)19:00から11月19日(月)23:59まで行われる各プレイガイドの一般先行では、この追加公演分の申し込みも可能。

【受付URL】
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/bunal/
ローソンチケット:https://l-tike.com/bungo/
イープラス:http://eplus.jp/bunal/
CNプレイガイド:http://www.cnplayguide.com/bunal-butai/

【公式HP】http://bunal-butai.com
【公式Twitter】https://twitter.com/bunal_butai

(C)舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 010772.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る